FC2ブログ
2019 / 01
≪ 2018 / 12 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2019 / 02 ≫
Page.753

 昨日は姫父の実家に行ってジジババから孫へのお年玉を強奪に行ってまいりました。
 ついでにテレビをあわただしく楽しんでまいりました。12時からの2時間前後は「箱根駅伝」と「盛岡文士劇・柳は萌ゆる」と「新春お好み将棋」が重なりまして、とりあえずジジババには将棋の録画を頼みまして、ライブではあっち見たりこっち見たり。将棋は後から見ればいいものを、目が離せない、見てしまう。加藤結李愛女流2級、お見事でございました!!仙台、宮城、東北、みんな喝采です。結李愛先生のご活躍を皮切りに、東北勢が(ご縁がある皆さんについては特にも)躍進する1年になることを期待してやみません。田中大貴三段も、昨年奨励会に入った○○くんや○○くんも、我が家総出で応援していますからねー!

 さて、良いものを見せてもらった姫父は、翌日、午後から仕事の休みをとって北上日曜研修会(日曜じゃないけど)に娘を引率して来ましたよ。小学生名人戦県大会がすぐそこに迫る今、平日であることを逆手にとって出し抜いてやろう!!てな腹だったのですが、いざ行ってみるとミッチミチの熱気ムンムン。出し抜くどころか、かろうじてシッポにしがみつく感じでした。明後日の大会では、今日来た棋士さんたちとは、せめて予選リーグで当たらないといいなあ~。厄除けお守りに力を発揮していただかねば。

 さて、帰りの車の中、こんなことになりました。
IMG_8822.jpg 
 いつから乗り始めたか、もう覚えてないけど、息子が将棋を始めたころにはこの車だったと思うなあ。大船渡に引っ越してきてからは一関に行くだけでウン十キロ、水沢、花巻、北上、紫波、盛岡、登米、横手、仙台、八戸、天童、青森と行って帰って、気づけば30万キロになりました。
 運転の仕方だって丁寧ではないから(ゴールドですけどね、ゴールドですけどね)限界ですがな。帰り道始終どっからか「キコキコキコキコ」聞こえてくる、あ~大変だ。でもな~買い替えるお金が無いんだよな。夫婦そろって給料ドロボーの我が家としては悪銭身につかずという言葉が身に沁みます。食うた分だけ内臓脂肪として身についてますけどね。
 でも、これってもしかして「将棋キッズの親あるある」なのかな?「何を30万キロごときで」ってことなのかしら?こんなもんじゃないって方はぜひとも武勇伝をコメントにお寄せください。


Page.621

 Y田母さまより大会情報をいただきました。
 さらに、東和まほろば支部の佐々木先生よりぜひ宣伝をと頼まれましたので、上位記事として再掲します。もし、1月5日以降にこの記事に気づいた方も、支部に電話で頼めば前日までなら何とかなるかもしれないので、ダメもとで頼んでみてくださいませ。
 平日大会ではありますが、たくさんの方にいらしてほしいです。なぜなら……。
****************************
第12回東和温泉杯冬休み将棋大会 

平成31年1月10日(木)
午前9時受付 午前10時試合開始 
会場:花と緑と安らぎの湯 東和温泉 大広間 
部門:
A級(初段以上) B級(6級から初段格) C級(初心者) 
参加費:中学生以上1,500円 小学生1,000円
 (参加費は当日頂きます。参加費に昼食代含む) 
その他:A級は5回戦、B・C級6回戦  
申し込み:平成31年1月5日締め切り(準備の都合により、当日の申し込みはできません)
 
★申し込み、お問い合わせ
東和温泉 ℡0198-42-4311 
後援 日本将棋連盟東和まほろば支部 ℡0198-42-2823


Page.645

登米支部の高橋支部長様よりご案内のはがきが届きました。ありがとうございます。

冬季大会   2月10日(日)登米市南方公民館 電話 0220-58-2167  
春季大会   4月 7日(日)登米市南方公民館
夏季大会   7月21日(日)登米市南方公民館
秋季大会  10月 6日(日)登米市南方公民館
津山文化祭 11月 3日(日)登米市津山公民館

会場の都合等で変更があるかもしれないそうなので、その時は改めて変更の連絡をします。
ルールやタイムスケジュールは、どの大会も下記の通りです。
登米支部様の大会は特に子どもに親切な大会です。親御さん方も安心してご引率ください。
************************* 
 受付 午前9時~(当日受付) 開会式9時45分~
 対局開始 10時   
 参加費 一般男性  1500円
     
  女性    1000円
     
  高校生以下 1000円
     
  登米支部会員1000円
     
  日本将棋連盟支部長1000円
 
 ※参加賞、ドリンクバー、昼食あり。
 
 クラス別スイス方式トーナメント戦による
 総平手5回戦 持ち時間15分+30秒の秒読み
   A級 三段以上
  B級 二段~1級
  C級 2級以下
   S級 これから将棋を始めたい人、初心者  ※ S級参加費は高校生以下無料。
      
 そのほかの大人の方は500円です。
     

Page.752

 新年あけましておめでとうございます。

 本日1月2日は宮城県登米市で開かれた中川大輔八段の新年会にお邪魔し、息子と娘が指導対局をしていただきました。毎年、おこわのおにぎりをはじめとしておいしいごちそうをありがとうございます。

 年末年始の将棋イベントはこれだけでごわす。あとは姫母の実家に行って、宿題をテキトーにすませて、熊文のラーメン食べて雪かきして熊文のラーメン食べて従弟と遊んで雪かきしてスキーに行って紅白見て駅伝見て格付け見て駅伝食べて帰省。中川先生にお会いしたのはその帰省の最中です。折角、天童支部様のHPを覗いて参考にした「実践詰め筋事典」を買ってきて、紅白見ながらやらせたのに全然進みやしない。そんな意味ないことをやらせるあなたが悪いと言われればそれまででですが。すぐそこに最後の小学生名人戦県予選が迫っているのに焦るは父ばかり。トホホホホ。

 とはいえ、毎年のように、くじ運の悪さゆえに予選で敗退する強豪最高学年生の姿を見てきていますから、娘もそうなって何らおかしくないわけです。そうなると、父親としての今年の目標も、辞めさせないように励まし続けることになります。それが何よりも難しい。茨の道の一年の始まりです。

 今年も初詣のあとにお守りを買ってきました。毎年、姫母の実家の近くの神社で買っている「厄除け」お守りなのですが、かなり効いていると思います。数年前、うっかり買い忘れた時が一番悪いことが重なり、他の年はわりと平和だったことを考えると、相当良いお守りです。
 息子と娘も毎年「勝ち守り」を買っていたのですが、そっちはここ数年いまいちだったので(いや、努力に対する成績の度合いを考えたら相当助けてもらったのですが、)今年は「なせばなる」守りというのにしてみました。姫母実家の偉大なる先人・上杉鷹山公にちなんだお守りですね。だけど、鷹山公の言葉だと、「なせばなる」のあとは「なさねばならぬ」と続くのです。例年以上にシビアな結果になること間違いなしの一年になりそうです。それを踏まえて、父は黙って見守るようにします。たぶんムリだけど。

 そんなですが、今年もよろしくお願いします。

Page.751

 この3連休、東北各地で将棋大会やイベントが盛大に開催されたようです。行きたい気もしたのですが、子供会やら新年の準備(主に掃除)、冬休みの宿題やらでどうにもこうにも。まあ、最終日ぐらいはと、お呼ばれしていました標記大会に娘参戦・父引率で行ってまいりました。息子はいきなり体調を崩して訳わからん。

 行く途中のコンビニで飲み物を調達しつつ、本日発売の「スタンダード」新号を購入しました。
Duw8xVPU8AADKGg.jpg
 高校バレーや高校サッカーなど気になる記事も満載なのですが、このブログの読者にとって特筆なのは、「県民共済杯」の見開き記事が載っているところです。「囲碁」のね。開催されたのは11月3日。参加者はA・B級合わせて小中学生40人。集まって良かったですねえ。A級優勝は五段の力を持つ中学生だそうです。いるところにはいるんだねえ。3月には県民共済「小学生」「将棋」大会が開かれます。6年生が最高学年になる最後の大会だから、下級生にとってはしんどいですけどね。女流棋士の先生もきっといらっしゃるでしょうから、今から楽しみです。今度は岩手日報の棋戦欄に「ワーーーーッ!」って書かれないように見張らなくては。

 さて、9時半の受付開始よりちょっと後に会場入りしたら、すでに結構入っていましたし、後からもどんどんいらっしゃいました。A級は22人(小中学生3人)、B級は19人(小学生3人、女子は娘1人)、C級は小学生12人(女子1人)。年配の方もかなりいらっしゃいますが、小学生は年配の方々の海千山千の戦いぶりにやられちまっていました。みなさん、小学生に対して「君、つよいねー」「やられたー」と仰ってましたが、やられたのは娘を含む小学生側。乗り越えがいのある年の功だと感服いたしました。中学生になると貫録を見せますね、すばらしい。ちなみにA級優勝は「ワーーーーッ!」って書いた方です。おめでとうございます。

 娘の戦いぶりにはいろいろ思うところがあったのですが、まあ、がんばったと思うので、父からのクリスマスプレゼントを買ってあげることにしました。娘の最近の「理想の男」のCDです。

TYCT-60124.jpg 

 ユーチューブで見て一気にゾッコン(死語)になったらしい。どこが良いかと聞いたら「黒い服が似合うところ」だそうな。じゃあ、「3月のライオン」の滑川さんは?
滑川02 
と聞いたら、それは違うらしい。ふーん、よく分かんないわー。

うん、でも帰りの車はCD流しっぱなしでしたが、とても良かったです。本家よりいいわあって感じるのも結構あったりして。

入賞とは程遠い結果だったのですが、たぶん小学生のみんなにってことで、立派な「敢闘賞」をいただいて参りました。ありがとうございました。考えてみれば、花巻支部の先生方には保育園の時からかわいがってもらっていますので、長いご縁になります。これからもよろしくお願いします。



Page.749

 まずは、昨日行われました東北ジュニア団体戦小学生の部。実に見事な二連覇でございます!おめでとうございます!今回の岩手の3人って、銀河研の常連であると同時に、北上日曜研修会の主軸なんですよね。たまに娘が参加するといつもいるもの。大会や研修会でお互いをライバルと思いながら競い合っているからこそ、チームとなれば力を発揮できる。娘、見習いなさい。

 それから、東北高校新人将棋大会が秋田県で開かれたらしく、知り合いの方から結果表をみせていただきましたが、男子も女子もすばらしい結果だったと思います。だけど、ちょっと待ってくださいよ。女子の部に、東北六県すべての県から選手が5人出ているんですよ!そう、東北ジュニアに不参加だった2つの県からも。しかも結構上位に。「東北ジュニア団体戦と東北高校新人戦の日程がかぶらないように」したんですよね?なのにジュニア団体戦不参加?どうしてそういうことになるんでしょうか?小学生に期待の女子がいたとして、「出してあげたいけど3人そろわないから出せない」って状況を回避できたんですよ?(←こういうことを書くと怒る方がいると思いますが、怒る権利は果たして誰に?試合数を減らされた女子と出る機会を摘まれた女子では?その中にはうちの娘も含まれています。)改めて、県高校将棋界と連携をとってジュニア団体戦女子のための予選を毎年しっかり開いてくださる県連の先生方に心底感謝します。これからもよろしくお願いします。

 横道に逸れました、すみません。(←本当は、どなたかに真正面から受け止めていただきたいですが。)

 さて、我が家四人は前日から紫波グリーンホテル様にお世話になりました。文字通りお世話になりました。そんなこともあって、娘は結構がんばって大会準備の助っ人をしています。A級16チーム計48人(息子含む)、B級10チーム計30人(娘含む)、C級個人戦12人、参加者だけで100人近くになり、親御さん方の応援も多いのですから、会場はミッチミチ。紫波支部の皆様は本当に大変な思いで運営なさっていました。というわけで、不肖わたくしめがC級の運営を手つだわせていただきました。微力ながらお役に立ててありがたいです。

 おっと、ここで、同日開催となりました「東和町世代間交流将棋大会」の大会報告をY田母様よりいただきましたので、ここでご報告いたします。
いつもお世話になっております。
紫波の年末大会と重なり、人数少なめでしたが
ABC級共に、接戦でした!
参加者の皆様のご協力も有り、スムーズな進行出来ました事を御礼申し上げます!
A級10名、B級6名、C級9名
残念ながら、女性の参加者はゼロ…。
娘は…。やる気スイッチが見当たらず(*_*;
 おお……、毎年100人近くの紫波大会と日程が重なりながら参加者25人とは、さすが人気の大会!

 C級は12人(うち女流1人)。最初は15人だったんですが、3人ほどB級に請われました。大変だったと思いますが、いい経験になったと思っていただきたいです。

 C級はスイス式4回戦で行われます。試合前に、審判長・飯野健二七段と飯野愛女流初段による将棋教室。毎年、人間教育に重点をおいたすばらしいお話なので、親御さんにとってもとても勉強になったと思います。特に今年は、健二先生、例年以上にすんごく熱心に話をなさってました。いちいち話の腰を折る女子がいなかったからかな。みんなとってもしっかりと話を聞いていたと思います。例年どんどん参加する子どもたちの姿勢が立派になるように感じます。教室後の対局態度も立派でしたね。普通、いくつかの対局はバシバシ将棋をやって1分も経たないうちに「終わりました」ってなるものなのに、そうなりませんでしたね。いや、本当、立派でした。運営がとっても楽でした。そういう子は伸びる時に一気に伸びるものだから、これからもどんどん大会に参加してきてほしいですね。

 午前2局、午後2局やって大会終了。全員に参加賞あり。写真もついて大満足、という思いを子どもたちだけでなく、親御さんに思っていただきたいです。子どもだけでなく、親御さんがどれだけ子どもの応援にしがみついてくれるかが将棋で伸びるのかに大事だと思いますもの。今日は大会後の指導対局も、飯野先生&愛先生が例年以上にじっくりと(いや、毎年とても入念にやってくださるのに、それ以上だと思いました)時間をかけてご指導なさったのですが、親御さんはみなさん泰然とされていましたから、なんか、これからの岩手の将棋界はますます期待してよろしいのではないでしょうか。もっとも、我が家としては娘を踏み台にする子が増える一方だから困るんですけどね。いい加減に「1面のボスキャラ」から卒業してほしい……。

 そんなわけで、すばらしいC級に関わっていて、A級とB級を見る機会がほとんどありませんでした。なのにちょっと見に行った娘の雑さは目に入っちゃうんですよね……、嗚呼、親の性。まあ、すぐに新しい友達を作れるところは、これからも失わないでほしいな。

 というわけで、毎年参加させていただき、毎年充実の思い出を持って帰る紫波支部年末将棋大会、1月発行予定の「若駒銀河」第3号のレポート記事第3弾として載せる予定です。レポートは全部で5弾の予定、あと2つです。
3-06-1 
 写真の画像設定がマチマチですみませぬ。変更を希望したい点がある方はコメントでお寄せください。(管理者だけにコメントが見える設定にすることが可能です。)
 そして、すんごいご厚意のおかげで、以前「埋めることができたら紹介します」と言っていた欄を埋めることができました。
3-13-1.jpg 
本当に、ありがたくて震えが止まりませぬ。いかん!このご厚意を当たり前のことと思ってはいかんのだ!これからも謙虚に謙虚に編集に務めていこうと決意いたしました。


Page.682

Y田母様より情報をいただきました。ありがとうございます!

****************************
日時 平成31年2月3日(日) 9:00受付 9:45開会式 10:00対局開始
会場 一関市 ホテルサンルート一関
会費 一般2000円 学生1000円(昼食代含む)
方式 A級(段位者)・B級(級位者)にわかれてスイス式トーナメント5回戦
   対局時計を使用し、持ち時間15分秒読み30秒
審判長(ゲスト) 招待予定(分かり次第お知らせします)
申し込み 岩手日日新聞販売部に直接申し込み 電話番号 0191-26-5112
 (出場クラス・氏名・年齢・職業・住所・電話番号・プロ棋士指導対局希望の有無)
※ 事前申し込みで定員はあわせて64名
  申し込み締め切り 1月23日(水)まで。ただし、定員に達した時点で締め切ります。
駐車場についてはこちらです。
IMG_4870.jpg 

anagumahime

Author:anagumahime
中2の息子と小5の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。