双掌の会10周年記念 一番町青空将棋名人戦(仙台市)

双掌の会様よりコメントでご連絡をいただきました。ありがとうございます。
2クラスとも限定16名?出るつもりならば申し込みを急がねば!
***********************
双掌の会10周年記念 「一番町青空将棋名人戦」 開催要項

1.日時 平成29年9月16日(土) 10時30分受付  11時00分対局開始

2.会場 サンモール一番町商店街(青葉通り~南町通りの間)

3.参加費  1.一番町青空将棋名人戦(事前申込制)
一般:2,000円、高校生以下:1,000円(昼食無し)
       2.プロ棋士による指導対局(島朗九段、鈴木環那女流二段)
(13:00~15:00を予定しております。事前申込制ですが、
        当日、空きがあれば、随時募集いたします。)
       一般:1,000円、高校生以下:500円
       3.「次の一手」ゲーム     無料(15:00~16:00予定)
       4.フリー対局スペース     無料(11:00~16:00予定)

4.競技方法 ・2クラス制(小学生の部、一般の部) 11:00開始16:00終了予定
       ※上記2クラスとも、事前予約制で先着16名ずつになります。原則、欠席のないようにお願い致します。また、当日欠席者が出た場合には、補欠参加を募集いたします。
      (万一、参加できない場合、是非、指導対局、「次の一手」、フリー対局をお楽しみください。)
       ・総平手戦(トーナメント戦)
       ・持ち時間各15分切れたら秒読み30秒(小学生の部1回戦以外)
       ※小学生の部1回戦のみ対局時計を使用しません。

5.審判長:日本将棋連盟 島朗九段
副審判長:日本将棋連盟 鈴木環那女流二段

6.申込方法:メールもしくは電話、ファックス
申込先:まちくる仙台(担当者 佐藤、石井)
メールアドレスに、下記必要事項を明記して、「一番町青空将棋名人戦」の件名で送信下さい。
(ファックス、電話の場合も、下記の内容をお伝えください。)
メールアドレス: info@machi-kuru.com
電話: 022-395-6101
FAX: 022-395-6102
(1)参加者の氏名・フリガナ
(2)参加クラス(小学生の部か一般の部か)(指導対局のみか)
(3)ご自宅の市町村名
(4)段・級位
(5)高校生以下の場合は学年
( 6 ) 連絡先(携帯電話番号等)

※双掌の会とは
 仙台を愛し、地元を活気ある街にしたいと考えている会です。
 双掌とは、自分で両手を合わせれば合掌ですが、他人とハイタッチで手を合わせ、皆で協力  していこうという造語です。

徒然日記(平成29年8月20日・追記あり)

 本日は地元大船渡で開催された竜王戦開催記念大会に息子と娘が参戦してきました。息子は明日、中学に入学して最初の実力テスト(私らが中学生の時にはしらゆりテストと言われていたやつです)があるんですが、テスト前って三日間は部活動停止にして「テスト勉強に集中せえ」となっているのですが、せっかくの竜王戦記念大会ですしねえ……。このブログを中学校関係者の方が読んでいないことを祈ります……って、無理ですよねえ。 
 本日の大会には市内だけでなく、気仙沼市や奥州市、遠野市などから、岩手の将棋関係者なら皆さん知っているほどの強豪の棋士の皆様までが参戦なさったのですが、当ブログをご覧になっていることが分かりました。本大会のこともこのブログで知ったとのこと。思った以上に見られているならば中学校関係者に知られても致し方なし。一応息子のフォローをしておけば、対局の合間と帰ってきてからはテスト勉強をしてますよー。大会の方は息子娘そろって残念な結果に終わりましたが。
 だってだって仕方なかったと思いますよ。参加者は息子娘合わせて総勢25人だったのですが、地区外からいらっしゃる方も迎え撃つ側もいつも以上に強豪が集結したために、負けても負けても当たるは強い方々。それでも、あらためて息子も娘も多くの方々に目をかけていただいているのが分かりました。ぜひこれからもご指導いただきたいです。よろしくお願いします。

【追記】
 本日は東和でも世代間交流大会があり、Y田母様よりご報告をいただきましたので、表記事として反映いたします。あちらでもこちらでもたゆまぬ努力をしている皆さんの話は本当に刺激になります。
「第26回世代間交流将棋大会に参加しました。
大人の部12名(小学生3名参加)
小学生の部4名
初心者女性の部3名(女性は一人)

将棋は、幼児から年配の方まで、一緒に幅広い年齢で楽しめるんだと実感する大会です。
皆さんの御協力のおかげで無事終了することが出来ました。ありがとうございました!
次回は、12月17日を予定しています。
沢山の参加、お待ちしています!」

大船渡支部 2017秋の大会+α(大船渡市)

本日の将棋教室で平山先生からご案内いただきました。
*************************
(+α) 第21回気仙地区小学生名人戦
期日 2017年8月27日(日)
 9時30分から大会 受付はその前に 午前で終了予定
会場 カメリアホール(盛駅隣接)
参加費 無料 
部門 低学年の部 高学年の部 各部門3位まで表彰

①第6回気仙帝王位大会
 日時 2017年9月17日(日)
  受付9時30分~ 対局10:00~15:00ごろ
 会場 県立福祉の里センター(大船渡市立根町字田ノ上30-20)
 参加費 大人1000円 学生500円(昼食付)

②第30期竜王位開催記念第2回記念大会
 日時 2017年10月1日(日)
  受付9時00分~ 対局9:20~16:00ごろ
 会場 県立福祉の里センター(大船渡市立根町字田ノ上30-20)
 参加費 大人1500円 学生1000円(昼食付)

③第16回大船渡支部長杯将棋大会
 日時 2017年11月26日(日)
  受付9時20分~ 対局10:00~15:00ごろ
 会場 県立福祉の里センター(大船渡市立根町字田ノ上30-20)
 参加費 大人1500円 学生1000円(昼食付)

****************************
すべて問い合わせは平山敏夫先生まで
 (携帯 080-1690-0586)

沿岸地区の高校文化祭

今月末に大船渡高校と釜石高校で文化祭があります。この二校には将棋部(同好会)があり、昨年までと同じなら、一般公開の時間に対局相手になってくださいます。岩手高校の活躍が際立っていますが、この2校も活躍なさっています。
*************************
平成29年大船渡高校文化祭(大高まつり)
 8月26日(土) 一般公開 10:30~14:00
 8月27日(日) 一般公開  9:00~14:00
 ※囲碁将棋同好会は第1校舎2階で行われます。

*************************
平成29年釜石高校文化祭(釜高祭)
 8月27日(日) 一般公開 9:30~15:00
 一昨年の開催報告が浜っ子クラブ様ブログの過去ログから見られます。

*************************
 高校文化祭だけあって、模擬店やバザー、ステージ発表などもあります。栗原でのJTイベントや107号沿線大会もあるので、都合がつかない方が多いかもしれませんが、都合がつく方は行ってみるのもいいと思います。

 我が家も折を見て、昨年のように大高に「たのもー!」としゃれこみたいです。昨年は娘が返り討ちになりましたが、今年はもうちょっといい勝負ができるかなー。できないかなー。昨年は、詰将棋問題も出題されたし、先輩方がかわるがわるお相手してくださいましたし、おもしろかったですよ。

なお、沿岸では9月2日(土)に高田高校の文化祭がありますが、囲碁将棋部およびその展示があるかは知らないんです。

もしも他の地区の高校文化祭(囲碁将棋部企画)の情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントに書き込んでいただければありがたいです。

徒然日記(平成29年8月14日)

 本日は北上の研修会に娘が参加してきました。引率は父です。

 お盆の時期でそれぞれのご実家に帰省している頃だろうから、我が家だけ参加して及川先生からマンツーマンで教えてもらおうと行ったら、みっちり満員であります。しかも我が家は朝にブログの更新をするのに手間取って(Windows10が入り込んでから遅いのなんの)北上に着くのが遅かったからなー。午前午後合わせて13人。ちょっとした梁山泊ですがな。ABリーグ戦を行いながら、折を見て及川先生の指導対局。及川先生、本当にありがとうございます。そして、引率・送迎のご家族の皆さん、おつかれさまでした。

 ちなみに、その13人の中に水泳バカは含まれておりません。今日もそっちの練習を優先しやがった。しかも、にわかに「ぼくらの七日間戦争」シリーズにはまりやがった。まあ、読書好きの中学生なら一度は通る道。父も中学生時代読破したこともあって、助長するように某図書館からダース借りしてきてやってしまったからなあ。あれ読むと分かりやすい反抗期(今でいう中二病)が促進されるんだよなあ。うん、始まってますわよ。分かりやすい分かりやすい。

H29東北高祭争奪将棋大会

梅太郎様より情報をいただきました。遠征お疲れ様です。
毎年開催している大会なので、そのうち宮城将棋HP様でも紹介されると思いますが、梅太郎様がお寄せくださったので、さっそく紹介させていただきます。

**************************
○日時 平成29年10月14日(土)
 受付9時30分から 対局開始10時
○会場 東北高等学校 小松島校舎(仙台市青葉区小松島4-3-1)
○参加資格 将棋が好きな方ならだれでも参加できます
○競技方法 クラス分け定員32名によるトーナメント
 S組(四段以上)・A組(三段~初段)、B組(1級以下)の3クラス
 早めに申込・受付を行ってください。
○優勝者に盾。ベスト8以上に賞品。
○参加料 無料(お昼は出店をご利用ください)
○参加方法 当日OKですが、事前に決まっている方はFAXで申し込みをお願いします。(参加クラスをわすれずに)
○問い合わせ 将棋部顧問 田中晴夫先生
 ℡ 022-234-6361
 FAX 022-234-6639

参加報告:第4回日将連岩手県支部連合会会長杯将棋大会(紫波町)

 本日は山の日。「夏休み中に祝日を制定したって意味ないじゃん!」って思っていましたが、なるほど、家族総出で我が子の将棋の応援に来ることができるんですねえ。というわけで、紫波グリーンホテルで開催された標記大会。空前の将棋ブームの後押しを受けてA級19人・B級17人(概ね6級が境界線)出場の大入りです。ちなみに昨年はA級16名、B級8人。B級、増えたね~。娘が会場入りした時、すでに先に何人も受付していた子たちがみんなB級で、A級は娘が一番乗り。もしかしてあんまりA級多くない?と動揺していましたが、最終的にはA級が多くなりましたね。女流はB級は4人、A級は娘1人。
 
びっくりしたことに、女流では4年生の娘が単独最年長。このブログを始めたときは大会報告のたびに「娘が最年少」と言ってきていたもんですが、時がたつのは早いもんですね~。そう遠くない未来に娘より年下のA級女子に成長する棋士さんも出てくるんだろうな~。まさか追われる立場になるとは……ガクブル。

 そんな父の気負いと違い、女の子たちはみんな仲良し。大会に出た子たちもお兄ちゃんや弟の応援に来た子たちも将棋の合間に仲良く遊んでおりました。しかし、どう見ても最年長のおねいさん(←「3月のライオン」風。毎回そう書かないと誤解されるかしら?)には見えない……。

 最初に書いたとおり、今日の大会は随分とご家族みんなで応援に来ているご家庭が多かったと思います。ちなみに我が家は、兄が中学生になって参加資格を失い、夏休みの宿題が終わっていないために、姫母と一緒に居残りです。この二人、父と娘が家を出たときにまだ寝てやんの。

 さて、最近の娘のお気に入りはペンギンの形をした将棋バッグ。実は二十数年物の姫母の形見です。中には扇子と棋力認定証と干し梅と詰将棋の本が入っています。見た目がぬいぐるみだから、娘もそれを使っていろんな方にスキンシップをはかります。初めて大会に参加したお子さんやご家族の方は変わった子がいるなあと思ったことでしょうが、これが現在の岩手将棋スタンダードです。以後よろしくお願いします。巻き込まれた方々、ご愁傷様……いえ、優しくお相手いただき本当にありがとうございました。

 A・B級ともに持ち時間20分秒読み30秒の4回戦。順当に行くとちょうど4回戦で全勝優勝1人が確定する予定で、実際その通りになりました。今回特徴的だったのは、B級のどのカードもすんなり勝敗が決まって午前中で4回戦まで終了したことです。今までだと、B級の中にも1回戦につき1カードくらい大激戦になって時間がおすということも日常茶飯事だったのですが、クラス分けがうまくいったというところなのでしょうか。でも、上位に入った子たちは「継続は力なり」を体現していたと思います。これからもコツコツがんばって、来年はA級で活躍ですね。

 はい、A級に出ているはずなのに、勝っても負けても残り時間が秒読みどころか一けたにならないこともザラの娘。でも今日は、はるかに力が上だったり、拮抗している棋士さん勢ぞろいでしたから、全敗も覚悟した中でがんばったと思います。毎年のことだけど、やっぱりA級の壁は高いね。ただ、順当と言える棋士さんもいる中で、パル大会などとはまた違った勝敗や順位になる人が見られるところも面白い大会だと思います。また来年がんばろうじゃないか。

 言い忘れていましたが、参加費は500円でお弁当・記念品(ツタンカーメンのボールペンです。参加者全員に配れる数……。)付き。希望すれば付き添いの人も1個500円で頼めます。紫波グリーンホテル様で作っていて、エビにウナギとたいへんボリュームがあります。あと、サービスの味噌汁がおいしくて、娘は何倍もおかわりしました。
IMG_6191.jpg


 あぁ……、「藤井聡太四段の対局中の食事が毎回記事になるって風潮ってどうなの?」って眉をひそめている側の人間なのに、気が付けば毎回ブログに載せてる……。
 それはさておき(さておくの?)、近くの複合施設「オガール」の中にでっかい産直があり、けっこうアレルギーが多い娘に向いている稲荷ずし・巻きずし・精進揚げを買うことができました。見たところ、お弁当半分くらいでギブアップしていたお子さんも多かったようですから、場合によっては、来年は弁当分を計算に入れて、家族調整分を産直で購入するのもおすすめですよ。しかし、そのオガール、かなり混んでいました。グラウンドではサッカーと応援、産直もすごい人の数。君たち、こんないい天気の「山の日」なのにそれでいいのかー!(⇔ブーメラン)

 今年も充実の運営をしてくださいました県連児童普及部の皆様、また、子ども大会発展のためと尽力くださった児童普及部の保護者カメラマンさんに心から感謝いたします。県連HPへのアップ、楽しみにしています。本当に毎回、父に撮れない素晴らしい写真なんですよ。

大船渡市竜王戦記念将棋大会(大船渡市福祉の里センター)

10月に開催される竜王戦第2局の記念大会。
内容は従来の大船渡大会を踏襲しています。
参加費は今までより若干高めです。
竜王戦に向けて地元を盛り上げるために我が家は参加する予定ですが、
思惑通りにもりあがってくれるかなあ……。
☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗
大船渡市竜王戦記念将棋大会
日時 平成29年8月20日(日)
 9時30分受付 (今までだと16時終了予定)
会場 福祉の里センター(大船渡市立根町字田ノ上30-20)
会費 大人1500円 女性・学生1000円 昼食付き
参加資格 なし
対局方法 総平手戦
持ち時間 20分 30秒
点数制4対局
主宰 気仙将棋教室 平山敏夫先生

プロフィール

anagumahime

Author:anagumahime
中1の息子と小4の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR