FC2ブログ
2019 / 01
≪ 2018 / 12 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2019 / 02 ≫
Page.752

 新年あけましておめでとうございます。

 本日1月2日は宮城県登米市で開かれた中川大輔八段の新年会にお邪魔し、息子と娘が指導対局をしていただきました。毎年、おこわのおにぎりをはじめとしておいしいごちそうをありがとうございます。

 年末年始の将棋イベントはこれだけでごわす。あとは姫母の実家に行って、宿題をテキトーにすませて、熊文のラーメン食べて雪かきして熊文のラーメン食べて従弟と遊んで雪かきしてスキーに行って紅白見て駅伝見て格付け見て駅伝食べて帰省。中川先生にお会いしたのはその帰省の最中です。折角、天童支部様のHPを覗いて参考にした「実践詰め筋事典」を買ってきて、紅白見ながらやらせたのに全然進みやしない。そんな意味ないことをやらせるあなたが悪いと言われればそれまででですが。すぐそこに最後の小学生名人戦県予選が迫っているのに焦るは父ばかり。トホホホホ。

 とはいえ、毎年のように、くじ運の悪さゆえに予選で敗退する強豪最高学年生の姿を見てきていますから、娘もそうなって何らおかしくないわけです。そうなると、父親としての今年の目標も、辞めさせないように励まし続けることになります。それが何よりも難しい。茨の道の一年の始まりです。

 今年も初詣のあとにお守りを買ってきました。毎年、姫母の実家の近くの神社で買っている「厄除け」お守りなのですが、かなり効いていると思います。数年前、うっかり買い忘れた時が一番悪いことが重なり、他の年はわりと平和だったことを考えると、相当良いお守りです。
 息子と娘も毎年「勝ち守り」を買っていたのですが、そっちはここ数年いまいちだったので(いや、努力に対する成績の度合いを考えたら相当助けてもらったのですが、)今年は「なせばなる」守りというのにしてみました。姫母実家の偉大なる先人・上杉鷹山公にちなんだお守りですね。だけど、鷹山公の言葉だと、「なせばなる」のあとは「なさねばならぬ」と続くのです。例年以上にシビアな結果になること間違いなしの一年になりそうです。それを踏まえて、父は黙って見守るようにします。たぶんムリだけど。

 そんなですが、今年もよろしくお願いします。
関連記事

【】
明けましておめでとうございます。さなるの大会は強豪揃い6年生が出れないので優勝するのは今年がチャンスですね。頑張ってね。

【ありがとうございます】
クラブロー様

 ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。
 5年生も3・4年生も強いですよ。昔からの注目選手はもちろんのこと、新進気鋭の選手もあなどれません。
 とにかく、父としては直前まで「時間をかけろ」と言い続けます。
 最後まであきらめずに頑張れば、二歩や打ち歩詰めも誘えるかもしれないから。
 でもなー、本当に注目されている少年棋士さん方には、娘相手に二歩するのはご勘弁願いたい。くれぐれもご注意ください。
 トン死ならどうぞどうぞ。
この記事へコメントする















anagumahime

Author:anagumahime
中2の息子と小5の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。