FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫
Page.728

 本日9月24日は仙台で開催された標記大会に参加しました。娘参戦、父引率。残る2人は中間試験勉強で家に残りました。

 出発は朝6時半。気仙沼〜南三陸からの道路がかなり整ってきました。一関周りとさほど時間がかからない上に、有料区間が短いのがありがたい。これで陸前高田からつながる日が来たら、どんだけ短縮されるんだろ?むしろ仙台に入ってからの時間がかかり、9時半に会場到着です。

 会場はこれから準備が始まるところ。わたしらはすぐ近くのドトールで休憩。二階の窓から、会場があれよあれよと整えられ、ゴミも拾われていきます。ありがとうございます。いてもたってもいられない娘、とっとと豆乳ティーを飲み干して会場へ。まだ受け付けは始まっていませんが、スタッフの方から、「アナグマ姫の部屋で大会を知って申し込んだ人が多いんです。」と言っていただきました。ありがとうございます。

 会場には、様々な売り場も並んできました。娘が昨年来たことを覚えていてくださった方から温かい言葉をかけていただきました。

 本日ゲストのお一人、島先生が、会場にいらっしゃいました。昨日の秋田に続き、大変お疲れ様です。「若駒銀河」のことをほめていただきました。それはものすごくうれしいです。

10時半、受け付け開始。早速長蛇の列。最後でいいやと思って見ると、鈴木環那先生が到着なさっているじゃないですか!お二人にお願いし、三人で再会の記念撮影。娘、最近稀な満面の笑み!これは期待できるか?ようやく収まってきた受け付けに並び、抽選。……そりゃ、チャンピオントーナメントです。15人の誰と当たっても厳しいですよ。だからって、よりによって……と叫びたくなる抽選になりました。指導対局に期待いたします。まあ、それは外野の勝手な意見。本人は精一杯がんばれ。

 ちなみに、参加賞がとっても豪華なんです。
20180924111729471.jpeg
グルメセットは3個入り。羽生先生の肩書きは永世七冠。すごいわあ。
サムネイルは大きくできます。豪華参加賞にご協賛の皆さんの名前をぜひご覧ください。

11時に開会式。その後、一回戦開始。

さて、娘が思いのほか粘っている間、いろいろ売っているのを見ました。
先ほどのグルメセットを提供されたトヨタさんはこんなのを売っていました。
20180924113357680.jpeg 
41万円かー、お土産に買って帰るかー。(←突っ込みどころがありすぎて……。)

201809241324157da.jpeg 
20180924132415dad.jpeg 
「ふ」を持つ人は、打たれ強くて度量の広い癒し系だそうです。まあ、この4択の中では一番当てはまっている気がしなくもないです。

 さて、あえなく散った娘や、惜しくも敗れた子たちは島先生や環那先生の指導対局を受けられます。でも、実は幾人か強豪の方々(考えるところがあって強豪と言いますが、本来ならその言葉では追っつかない方々です。)が観戦にいらっしゃっていましたので、無理言って、娘の指導対局をしていただきました。本当、すみません、そしてありがとうございます。聞いていてとても勉強になりました。これを娘が(以下略)

 娘、とっても充実の表情で帰途に着きました。環那先生にほめられたことがとてもうれしかったみたいです。本当、今日はいつも以上の笑顔だったせいか、会場の皆さまや○○局の方々に良くしていただきました。笑顔だといいことあるね。また、朝早くから一丸となって大会を運営なさった双掌の会の皆様に心から感謝いたします。青空大会に揃いの法被がとても映えていて、すばらしい大会でした。また来年も願わくば参加出来ればと思います。9月三連休のルーチンとして最高だと思います。(終わり)
関連記事

【ご参加いただき、誠にありがとうございました。】
昨日は、大変お世話になりました。
また、今年も告知していただき、誠にありがとうございます。
おかげで定員を超える方にご参加いただき、盛会に終えることができました。
娘さんにもご参加いただき、とても華やいだ大会となりました。
いろいろ運営にも至らない点があり、ご迷惑をおかけしましたが、これに懲りず、今後も何卒よろしくお願い申し上げます。
重ね重ね、誠にありがとうございました。
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【ありがとうございました】
双掌の会様

こちらこそ、大変お世話になりました。受け付けより若干早めに到着しましたが、スタッフの方々が一丸となって会場を整えていく様子を目の当たりにして、このイベントに熱い想いで取り組んでいるのが強く伝わりました。当日より前の準備も、撤収もさぞ思いが込められていたと察します。このような皆さんに支えられた将棋大会に参加できたことを本当に嬉しく思います。来年もぜひ参加できればと思いますし、何かの折で仙台に行くことがあったら、一番町でゆっくり散策を楽しむことができればと思います。ありがとうございました。
この記事へコメントする















anagumahime

Author:anagumahime
中2の息子と小5の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。