FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫
Page.726

 本日9月9日はイオンモール盛岡で開催された標記大会に参加してきました。
 盛岡にはイオンモールが「盛岡」と「盛岡南」があるのですが、皆さん間違えなかったでしょうか?こちら盛岡イオンの方は、かつて娘が保育園年中だった時に息子の将棋大会で訪れ、島朗先生、そして鈴木環那先生と初めてお会いした場所です。このウルトラ運命的な出会いがきっかけとなって、娘は将棋を始めました。今の娘の原点となった場所とも言える場所。あれからイオンで買い物をする時はどちらかと言えば「無印良品」がある盛岡南イオンにシフトしてしまっていたのですが、こちら盛岡イオンには、岩手日報に「イワさんとニッポちゃん」を連載しているそのだつくしさんによる市町村別イラストという大作が制作されたのですね。これは良いものを見たな。
IMG_8276.jpg (クリックで拡大します)
で、この大作のすぐ横に会場になったイオンホールがあります。
9時より受付開始。すでにイオンのスタッフの方と県連の先生方がお忙しく運営されています。
参加者はエリア代表決定戦が15人(女流は娘を含む2人)、交流戦高学年の部が25人(女流1人)、低学年が26人(女流3人)。大半は岩手からの参加者ですが、青森、宮城、秋田、東京、北海道から参戦した子たちもいます。そりゃ、北海道・東北大会ですからね。
ですから、開会式ともなればこんな感じです。
IMG_8273.jpg  
ぼかしたから分かりづらいですかね。テーブルには子どもたちが、周囲には応援と運営の皆さんがミッチミチです。空調が効いていても熱いくらいなので、会場の外にも人があふれています。正面のステージはこんな感じ。
IMG_8268.jpg 

優勝者が出場する全国大会は天童で開かれるので、すんごくアピールしています。こんな説明の掲示もされています。(それぞれクリックで拡大します)
IMG_8280.jpg 
IMG_8281.jpg 
IMG_8282.jpg 
はーん、ふーん、ほーん、いろいろくわしくなったぞー。
「二千局盤来」かー。「3月のライオン」グッズをくれるらしいから行ってみるのもいいかもしれないけど、何局やるのか、ゲストが来るのか、このポスターではイマイチ伝わりません。主催の実行委員会が天童市経済部商工観光課みたいで、共催とか後援とかなんにも書かさってないので、心配しています。
 ちなみに、同時対局の世界記録を所持しているのはテーブルマーク東京大会。なんか分かりますよね、将棋ファンが何を望んでいるのかをしっかりリサーチしているのが。そして、記録を作ろうとしたのではなく、ファンのためを思って長いこと大会を続けてきた結果として世界記録に結びついたことが。私も何年も参加してきたテーブルマーク大会が世界記録を保持していることが、純粋にうれしいですから。JTの素晴らしいところって、「餅は餅屋」とばかりに、大会が開かれる自治体の県連支部に礼を尽くしている(ように見える)ところなんですよね。まあ、こちらのイベントが世界記録を塗り替えてもいいとは思いますが、その時は参加なさった皆さんが純粋に将棋を愛するがゆえにうれしさを分かち合える空気になることをお祈り申し上げます。「二千局盤来」をきっかけに将棋を始めて、楽しかったから本格的に将棋を「続けよう」という子どもが一人でも多くいればいることを期待いたしております。
(※その後、山形県連支部様HPを見たら、様々な団体と連携して非常に熱心な普及活動をなさっていることがわかりました。いらぬ心配で大変失礼しました。前のめりになってしまった部分が恥ずかしいのでところどころ修正します。)

 すみません、話がナイル川並みに蛇行したので戻します。
 こちらイオンモール杯でも「3月のライオングッズ」をいただきました。
IMG_8267.jpg 
 
あれ?画像が回らない。まあいいか。お箸です。かわいいです。
参加費無料なのにいただけてうれしいです。

開会式では「若駒銀河」の一社提供スポンサーでもあられます細川県連会長が最近の県内学生将棋界の活躍をあげ、「全国大会での活躍よりも岩手県代表になることの方が難しいと感じる(だっけかな?)までになった」というような、すんごいこと言うなー!と思ってしまうことをおっしゃいましたが、それを裏付けるような活躍を見せる棋士さんが何人もいて、うれしくなりました。だってあまりに娘が活躍できる余地がないんですもの。始まる前は、相手が相手だし、結果はどうでもいいから一生懸命頑張ればいいと思いましたが、やっぱり悔しいものは悔しいからこれからもっとギリッと頑張らなければならないという決意をして帰って来ましたよ、父が。
 がんばろうぜ!兄も将棋やっている妹棋士さんたちは特にも。

 午後2時から各部門の決勝戦。エリア決定戦の部は、ステージ対局です。読み上げ、棋譜取り、大盤解説と聞き手の方は地元将棋界で活躍される皆さまです。聞き手を務めたのは娘がとっても仲良くさせていただいている中学生の女流さん。すんごく立派でしたわよ。娘もこういうふうに育ってほしいけど、夢のまた夢ですわ。娘だったらきっと大盤解説しながら立ち寝するべな。それほどまでに本格的な局面でした。この決勝戦は岩手日報の棋戦欄に掲載予定。短い手数だったですが、できるだけ引き延ばして、岩手を代表する二人の紹介をたくさん伝えてほしいと願っております。終局後に本人たちばかりでなく、二人のお母さま方にもマイクでコメントをいただくのが新機軸。お二人ともなんて温かいお言葉なんだ。わたしも来るべき日にむけて、温かい言葉が言える準備をしておかねば。いつか来る、きっと来るー!
 表彰と無縁の我が家は早めに会場を後にしましたが、なんだかすごい雨でしたわ。閉会式を最後までいれば雨も止んでたかもしれませんね。

 大会を運営してくださいましたイオンおよび県連のスタッフの皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。そのおかげだと思いますが、とても子どもたちのマナーもいい大会だったと思います。来年も同じ会場で北海道・東北大会を実施してほしいと願っていますが、どうなんでしょうね。ぜひともよろしくお願いします。


関連記事

【】
兄のいる妹棋士だってやるときはやりますよね!やらないときはやりませんが(笑)のびのびと自由に育つ末っ子らしい将棋をどうぞご期待ください。
(わかる人にしかわからない話ですみません💦)
【ありがとうございます】
ささかまさん

コメントありがとうございます。そして、昨日の運営、大変お世話になりました。
そうですとも、そうですとも。これから妹棋士軍団によって、岩手将棋界を席巻しようじゃないですか。ええ、わかる人しかわからない話ですみません。昨日はもう1人、妹棋士さんががんばっていました。お母様は事情がご存知ないでしょうから、あとでお話いたしますね。
【大会お疲れさまでした!】
ささかまさんはじめ、県連関係者の皆様、大変お世話になりました!
末娘、参加費無料に甘えての参加です!2回戦で、リタイア…大変ご迷惑おかけしました。m(__)m
今までは、付き添いのみの娘が、大会に参加し、少しずつでも、楽しさを見つけてくれたらと願っています。
これからも宜しくお願いします(^^)/
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【コメントありがとうございます】
Y田母様
コメントありがとうございます。
末娘さん、お兄ちゃんたちの後を追って、ついにスタートですね。お兄ちゃんたちはたくさん悔しい思いをしたこともある中で地道にコツコツ努力して、たとえば昨日のような成果につなげてきましたから、その姿から努力の大切さを見てきた娘さんの活躍、大いに期待しています。

 また、シークレットコメントをくださった方からは、非常に心にしみるご忠告をいただきました。私自身がひとくされしたくて吐き出した言葉を受け入れていただいた上で、言葉を選んで話していただいたので、私も留飲を下げた上で、それに関わる文面を削除修正いたします。ありがとうございました。今後とも応援よろしくお願いします。
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする















anagumahime

Author:anagumahime
中2の息子と小5の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。