FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫
Page.696

北上支部の軽石先生からご案内を受けました。
******************************
北上月例将棋大会(アマレン公認レーティング大会)

1 日時(2018年度・すべて日曜日・13:30から)
 2018年
  4月8日、5月6日、6月3日、7月1日、8月19日、9月2日、10月21日、11月4日、12月2日
 2019年
  1月2日、2月10日、3月17日、4月7日、5月7日、6月2日

2 会場 北上将棋センター(北上市川岸2-6-8)

3 参加対象 どなたでも参加できます

4 会費 北上支部会員・アマレン会員 無料  小中学生1日100円  それ以外1日200円

5 申し込み 当日受付

6 対局方法  スイス式4回戦 持ち時間30分秒読み30秒

7 目的 棋力向上(賞品なし)

8 主催 日本将棋連盟北上支部 090-5847-3633(軽石初彦先生)

***************************
私の方から少し補足を。あてずっぽうもあるから、正確なところは軽石先生に直接聞いてください。

レーティング大会というのは、自分の棋力を点数化する方法のことのようです。
ネット将棋(将棋倶楽部24・将棋ウォーズ・将棋クエストとか)で、「現在あなたの得点は1427点です」みたいなのが出ていますよね。(合っているかな?将棋クエストしかしたことないからなあ)それをリアルな将棋大会でもやるのです。というより、こっちが先じゃないかな?

レーティング大会に初参加すると、現在の大まかな棋力(地元教室で認定してもらった級位など)から「じゃあ、あなたは1200点からスタートしましょう」みたいな感じになって、(違うかな?最初は誰でも一緒かな?)それでだいたい同じくらいの点数・棋力の相手と対戦をして、その対戦相手の点数をもとに、勝ったら何点かアップして、負けたら何点かダウンします。だから、北上レーティング大会は順位を競うのではなく、4回やった後に、「勝った負けたがあって、点数の上がり下がりがあって、今日は最終的にトータル何点」みたいにして自分の棋力を点数化します。で、その点数を覚えておいて、次回参加した時にはその点数からスタートになるというわけです。(ちなみに、2月だかに開催される全国レーティング大会予選とかについては、申し訳ありませんが、参加したことがないので分かりません。)

軽石先生としては「できるだけ多くの方に参加していただきたい」と願っているそうです。それはそうですよね。いつも同じ人を相手にして勝った負けただの点数が上がった下がっただの言っても面白くないでしょうから。ですから、皆さん機会があればぜひ参加してみてください。開催日時をざっとみると、県内の主要な大会とあんまりかぶっていないようですから、「今日は他に行く大会がない(あったとしても遠い)から北上レーティングに行ってみよう」とかでもいいでしょうし、ほら、6月3日は倉敷王将県大会の直前、1月2日は小学生名人戦の直前だから、レーティング大会にかこつけて、参加される先生から真剣勝負形式で指導を受けるというのもメリットが大きいのではないでしょうか。

実はこんなことを書いている我が家でも参加したことがなかったのですが、なんだか書いているうちに参加したい気持ちになってきました。日曜の午後から持ち時間30分での4対局というのが多少ネックかもしれませんが、「今日は2対局でお願いします」というようにあらかじめお願いすれば、途中退出もできるはずです、たぶん。

というわけで、ぜひみなさん参加して北上レーティング大会に参加してみてください。勝っても負けても点数として残るのが魅力だと思います。たとえマイナスであったとしても。
関連記事

この記事へコメントする















anagumahime

Author:anagumahime
中2の息子と小5の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。