業務連絡:県最強者戦での忘れ物

先日の県最強者戦にて、会場にステンレスボトル(上部が茶色)が忘れ物として届いています。2月19日現在どなたからも問い合わせもなく紫波グリーンホテルフロントで預かっていただいております。お心当たりの方は紫波グリーンホテルまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

***************************
GOE母様からのご依頼です。「多くの将棋関係者の方の目に触れるのではないか」ということでしたので。
喜んで。いつも大会などでお世話になっている皆さんに役立つことは光栄の限りですので、これからもコメント(できれば非公開で)を通じてご依頼いただければ、表記事に反映いたします。お気軽にどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

ありがとうございます!

いつもありがとうございます!
助かりました!

今日都内で『3月のライオン』舞台挨拶つき試写会ありましたね!明日のエンタメニュースで紹介されるでしょうか?
染谷くんの二海堂はびっくりしましたが、彼だけは『聖の青春』にも出演しましたね。
どの棋士がカメオ出演しているか楽しみです!…多分先ちゃんかな?(笑)

返事が遅れてすみません

これで持ち主の方からの問い合わせがあればうれしいですね。

カメオ出演という言葉を知りませんでしたので調べました。

「俳優や歌手、監督、時には政治家やスポーツ選手などがゲストとしてほんの短い時間、映画やドラマ、舞台に出演すること。遠目からでもはっきりと分かる装飾品のカメオからそう呼ばれるようになった(英語のcameoには「名場面」「山場」という意味もある)。」(Wikipediaから)

 へえ~。確かに3月のライオンのにわかファンか否かの指標としては、先崎学先生はうってつけですね。

 何人の棋士の方が出るかは知りませんが、実は一人知っています。「秘密にしてください」って言ってたかどうか忘れたので、ここでは言わないでおきますが。

楽しみ!

やはりでている棋士さんいるんですね!
(^.^)
観るのが楽しみです!
『聖の青春』では棋士さんを声だけで気づいて一人で盛り上がってしまいました。(^_^;)

今月の『将棋世界』に『3月のライオン』撮影秘話?も載っていて、棋士さん目線のエピソードがおもしろかったです。

ぜひご覧ください

 あんまり映画を見ないので、「3月のライオン」も劇場には足を運ばないかもしれないです。
 「一瞬出ます」と教えてくださった先生にはたぶん今後お会いできるチャンスがあると思いますので、その時には我が家の分まで感想を言ってくださったらと思います。県民共済杯の時にこしょこしょ話そうとは考えていますが。

持ち主見つかりました!

先日はこの場を借りて周知させていただきありがとうございました。
昨日のアマ竜王戦でA級会場の事務局に置いたいたところ、持ち主見つかりました!
日頃息子がお世話になっている方のものでした。ご本人さまはあきらめかけていたようで、ステンレスボトルとの再会を喜ばれておりました。(笑)

ご協力ありがとうございました‼︎

GOE母

これからもよろしくお願いします

GOE母様

 持ち主様が見つかって何よりです。今回はこのブログが役立ったわけではないようですが、これからも力になれればと思います。機会があればどうぞご活用ください。

 ついでに、上の方に以前書いたコメントを見直したところ、「3月のライオン」に一瞬出ていた棋士の方について話題にしていましたね。私が言っていたのは飯塚先生のことでした。岩手日日杯にゲストとしていらしたときにおっしゃっていました。飯塚先生は5月にある一関の将棋フェスティバルにいらっしゃいますので、その話題をしてみてください。我が家も申し込みましたが、実は娘の運動会とかぶっています。密かに○乞いをしているのですが、通じなかった時には我が家の分までお楽しみくださいませ。

3月のライオン

遅くなりすみません。(^_^;)
四月は慌しいのはいつものことですが、今年はさらに3月のライオンが…。(汗)
飯島先生は気づきませんでしたが、(もうチラシでも出てたんでネタバレ)久保さんがいきなり登場にはびっくりしました。羽生三冠や竜王はでていませんが、棋譜を採用というあたり、将棋ファンにもたまらないかも。

佐藤康光会長、紫綬褒章受賞すばらしいですね!一関イベント、当たるとよいんですが…。

見に行きたかったらしいけど

GOE母様

 コメントありがとうございます。
 アマ竜王戦の日は後編の初日だったようですが、花見と帰宅をとったようです。前編を見た日って、結局後泊になったから、さすがに日曜日にそれは避けたかった模様ですね。
 そうなんですか、羽生さんと渡辺さんの棋譜ですか。かつて息子が「永世竜王への軌跡」という本で棋譜ならべをしたのを思い出します。このお二人の竜王戦七番勝負って、相矢倉が多くて、当時矢倉を好んだ息子にとってはすごく勉強になったんですよ。原作では零君と島田さんの初対局も練習会も相矢倉ですから、もしかしたらそれなんでしょうか。分かりませんけど。
 あれから息子は棋風がすっかり変わったとはいえ、「矢倉は将棋の純文学」という米長さんの名言があるくらいですから、また勉強し直すのもいいかもしれません。
 ちなみに「永世竜王への軌跡」は読み物としても滅法面白いですよ。機会があればぜひ。(もうしわけないですが、うちのは事情があってお貸しできないのです。)

南昌荘

お返事ありがとうございます!
竜王の本、メモメモ…_φ(・_・
探してみます。竜王…いつになったら会えるのか…Oくんママに聞いてから、競馬イベントまでチェックする日々…(笑)。

あ、先のコメント、飯塚先生でした!
間違ってすみません。(^_^;)

3月のライオンの羽生三冠VS渡辺竜王の棋譜については、藤井四段が書いてました。(多分最新チラシに)どの場面かいうとかなりのネタバレになるため自粛します。(笑)
藤井四段が悪手の感覚についても書いてあったのがおもしろいですね。

今日、ロケ地になった南昌荘にいってみました。将棋盤もあり、羽織も着せてもらえるのでちょっとだけ名人気分になります。^_^
遊びに来た小学生を捕まえては対局していたうちのぼうずです。二人と対局したのですが、どちらもクラブや学童ではやるものの大会には出たことがないそうです。そういう小学生、かなりいるのかもしれませんね。
Secre

プロフィール

anagumahime

Author:anagumahime
中1の息子と小4の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR