徒然日記(平成27年11月1日)

 昨日は地元の将棋教室に息子娘が参加。中学生棋士さんも交え、平山先生の三面指しでご指導を受けました。娘の同級生の男の子が将棋に興味を持っているということで、見学にお誘いして姫父がお相手させていただきました。来ていただきましてありがとうございます。楽しさを覚えた子の伸び方って本当に著しいですから、続けてくれるといいなあ。半年後の小学生団体戦県予選、ぜひチームを組んで出ようじゃないですか。でも、繰り返しになりますが、興味を持った子の伸びって著しい。娘と同級生ということは、小学生名人戦も倉敷王将戦もその他一切の大会も、この先ずっと同じクラス。とんでもないパンドラの箱を開けてしまったのではなかろうか。男の子だから女流戦に出ないのがせめてもの救い。一緒に強くなりましょうね。ははは……。
 果てしなくどうでもいい話ですが、この日、将棋教室会場の隣の部屋では美容製品の講習会みたいなことをやっていたみたいで、お話がバンバン聞こえてきました。「このクリームを塗れば二枚爪が治ります。」というセンテンスがやけに耳に残り、将棋教室で「二枚爪ってなんですか。」と密かに話題に。調べてしまいましたよ。でも、指先がきれいになれば、駒の扱いも丁寧にしようと心がけるようになるかな?関係ない?

 本日は娘が東和まほろば支部の将棋教室に参加。世代間交流大会が盛んな支部だけあって、大人の方も参加。ミニ大会形式で行われ、姫父も引きずり込まれました。太刀打ちできませんてば。午前中の練習が原則ですが、希望者4名で昼食をはさんで午後まで練習延長。詰将棋や佐々木先生のご指導を受けたりしました。お土産もいただき、大変ありがとうございました。
 それで、最大級に驚いたことが一つ!東和では日曜日だけでなく、平日(の火・木かな?)の放課後にもコミュニティセンターで放課後に希望者が集まって、宿題が終わった後に佐々木先生のご指導を受けているそうです。ええええええ!いいなああああ!尻に火がついた状態で帰って来たというのが収穫の一つです。
 それから、東和コミュニティセンターでは佐々木先生の多数の蔵書をご厚意でお借りできます(ということを今日知りました)。というわけで、以前に別の大会で推薦いただいた所司和晴六段「駒落ち定跡」をお借りしてきました。娘は父と一緒に出なければ難しいだろうけど、息子には自分で読んでほしいけどなあ、自分から読んでほしいけどなあ……。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

anagumahime

Author:anagumahime
中1の息子と小4の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR