大会報告:JTプロジェクト将棋フェスティバルin気仙沼

 本日5月23日(土)、気仙沼市民会館で開かれた上記イベントに参加してきました。ゲストでいらした棋士のみなさんは、谷川浩司九段、森下卓九段、村山慈明七段、鈴木環那女流二段、安食聡子女流初段の五名の方々でした。
 最初は抽選で選ばれた6名のアマの方が谷川チームと森下チームに分かれてのリレー対局。がっぷり四つの相矢倉(森下システム)で、終盤まで見ごたえがありました。息子娘も応募しましたが、終わった時には(特に娘が)選ばれなくてほっとした気持ちでした。
 続いて、村山先生による詰将棋当て、先生方によるぐるぐる指導対局(息子娘とも抽選で選んでいただきました。)、自由対局、プロ棋士の先生との記念撮影がほぼ同時進行で、あっちこっちで楽しんで回りました。
 あっという間に15:30になって棋士のみなさんによるトークショー。どの棋士の方も各々の成長の仕方を話されておられ、道は一つではないことが分かって面白かったです。質問タイムでは私の質問にも娘の質問にも面白いお答えが聞けて面白かったです。ちなみに娘の質問は「二歩はどうして反則なの?」。会場の爆笑を誘いましたが、谷川先生のお答えには会場が納得の空気でした。要するに、もともとの将棋は取った駒を使えないルールだったのですが、そこに取った駒を使える要素が加わった時に、同じ筋に歩を重ねて使うと強すぎるからです。谷川先生がおっしゃった具体例を帰宅後に息子が再現した時、納得しました。
 小学生での参加者が息子と娘だけだったためか、棋士のみなさんにも、スタッフのみなさんにも、会場のお客様方にもとても優しくしていただきました。このプロジェクトは充実した数のスタッフの方々が献身的に活動されているイベントで、大変すばらしいと思って帰途につきました。運営に携わったみなさま、本当にありがとうございました。

 お土産です。村山先生が「もっとも難しい五手詰問題」として紹介していた問題です。

【追記】
「解答はどうぞ『comment』でお寄せください。」と記事にしたところ、多くのコメントが寄せられました。(いずれも正解)。みなさん口をそろえて「難問」とおっしゃっていましたが、解く皆さんがすごいと思います。「comment」にはいよいよ正解を公開させていただきましたので、これから解いた方は答え合わせに「comment」をご覧ください。
IMG_2541.jpg

 
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この機会も良いものですね

先程はどうも楽しき一時をありがとうございました。
詰将棋の問題は聞いていたので回答は遠慮しますね。

「二歩」の質問が採用された時は「何で?」とも思ったが
歴史に絡む話には納得するものがありました。

最後のプレゼント抽選で
私の知人が景品などを取得していましたよ。

コメントありがとうございます

KEN様

 本日はありがとうございました。
 メールの方にお返事を送らせていただきました。
 今後もお世話になる機会もあると思います。よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。

ロックモードでの詰将棋解答ありがとうございます。
お見事な解答でした。さすがですね。
まだ模範解答には早いと思うので、教えに従ってヒント(甘目)を。
「銀は不動」。まさにその通りです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

解答ありがとうございます。

お見事!正解です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

解答ありがとうございます

さすがですね。正解です。
正解される方々が増えてきたので、そろそろ解答を書くつもりですが、あとちょっとだけ待とうかな……と思います。

出来ますか?

解答時には、私のコメを公開でお願いします。詰め将棋の感想も書いたので。

いよいよ正解です。

頃合いだと思いますので、詰将棋の解答を公開します。

 3ニ桂成 同玉 4一龍 4三玉 2一角成 まで

コメントを寄せてくださったみなさん、本当にお見事でした。

最初に答えを寄せてくださった高橋さまのコメントです。

「かなりの難問でした。銀が不動とは。詰め将棋に慣れているとハマりますね。15分もかかりました。香車の配置が絶妙です。
甘目のヒントなら『銀は不動』でしょうか。」

このヒントも大変心憎いものでした。ありがとうございました。

ちなみにこの詰将棋は勝浦修九段の制作だそうです。
プロフィール

anagumahime

Author:anagumahime
中1の息子と小4の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR