FC2ブログ
2019 / 01
≪ 2018 / 12 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2019 / 02 ≫
Page.621

 Y田母さまより大会情報をいただきました。
 さらに、東和まほろば支部の佐々木先生よりぜひ宣伝をと頼まれましたので、上位記事として再掲します。もし、1月5日以降にこの記事に気づいた方も、支部に電話で頼めば前日までなら何とかなるかもしれないので、ダメもとで頼んでみてくださいませ。
 平日大会ではありますが、たくさんの方にいらしてほしいです。なぜなら……。
****************************
第12回東和温泉杯冬休み将棋大会 

平成31年1月10日(木)
午前9時受付 午前10時試合開始 
会場:花と緑と安らぎの湯 東和温泉 大広間 
部門:
A級(初段以上) B級(6級から初段格) C級(初心者) 
参加費:中学生以上1,500円 小学生1,000円
 (参加費は当日頂きます。参加費に昼食代含む) 
その他:A級は5回戦、B・C級6回戦  
申し込み:平成31年1月5日締め切り(準備の都合により、当日の申し込みはできません)
 
★申し込み、お問い合わせ
東和温泉 ℡0198-42-4311 
後援 日本将棋連盟東和まほろば支部 ℡0198-42-2823


Page.645

登米支部の高橋支部長様よりご案内のはがきが届きました。ありがとうございます。

冬季大会   2月10日(日)登米市南方公民館 電話 0220-58-2167  
春季大会   4月 7日(日)登米市南方公民館
夏季大会   7月21日(日)登米市南方公民館
秋季大会  10月 6日(日)登米市南方公民館
津山文化祭 11月 3日(日)登米市津山公民館

会場の都合等で変更があるかもしれないそうなので、その時は改めて変更の連絡をします。
ルールやタイムスケジュールは、どの大会も下記の通りです。
登米支部様の大会は特に子どもに親切な大会です。親御さん方も安心してご引率ください。
************************* 
 受付 午前9時~(当日受付) 開会式9時45分~
 対局開始 10時   
 参加費 一般男性  1500円
     
  女性    1000円
     
  高校生以下 1000円
     
  登米支部会員1000円
     
  日本将棋連盟支部長1000円
 
 ※参加賞、ドリンクバー、昼食あり。
 
 クラス別スイス方式トーナメント戦による
 総平手5回戦 持ち時間15分+30秒の秒読み
   A級 三段以上
  B級 二段~1級
  C級 2級以下
   S級 これから将棋を始めたい人、初心者  ※ S級参加費は高校生以下無料。
      
 そのほかの大人の方は500円です。
     

Page.752

 新年あけましておめでとうございます。

 本日1月2日は宮城県登米市で開かれた中川大輔八段の新年会にお邪魔し、息子と娘が指導対局をしていただきました。毎年、おこわのおにぎりをはじめとしておいしいごちそうをありがとうございます。

 年末年始の将棋イベントはこれだけでごわす。あとは姫母の実家に行って、宿題をテキトーにすませて、熊文のラーメン食べて雪かきして熊文のラーメン食べて従弟と遊んで雪かきしてスキーに行って紅白見て駅伝見て格付け見て駅伝食べて帰省。中川先生にお会いしたのはその帰省の最中です。折角、天童支部様のHPを覗いて参考にした「実践詰め筋事典」を買ってきて、紅白見ながらやらせたのに全然進みやしない。そんな意味ないことをやらせるあなたが悪いと言われればそれまででですが。すぐそこに最後の小学生名人戦県予選が迫っているのに焦るは父ばかり。トホホホホ。

 とはいえ、毎年のように、くじ運の悪さゆえに予選で敗退する強豪最高学年生の姿を見てきていますから、娘もそうなって何らおかしくないわけです。そうなると、父親としての今年の目標も、辞めさせないように励まし続けることになります。それが何よりも難しい。茨の道の一年の始まりです。

 今年も初詣のあとにお守りを買ってきました。毎年、姫母の実家の近くの神社で買っている「厄除け」お守りなのですが、かなり効いていると思います。数年前、うっかり買い忘れた時が一番悪いことが重なり、他の年はわりと平和だったことを考えると、相当良いお守りです。
 息子と娘も毎年「勝ち守り」を買っていたのですが、そっちはここ数年いまいちだったので(いや、努力に対する成績の度合いを考えたら相当助けてもらったのですが、)今年は「なせばなる」守りというのにしてみました。姫母実家の偉大なる先人・上杉鷹山公にちなんだお守りですね。だけど、鷹山公の言葉だと、「なせばなる」のあとは「なさねばならぬ」と続くのです。例年以上にシビアな結果になること間違いなしの一年になりそうです。それを踏まえて、父は黙って見守るようにします。たぶんムリだけど。

 そんなですが、今年もよろしくお願いします。

anagumahime

Author:anagumahime
中2の息子と小5の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。