FC2ブログ
2018 / 08
≪ 2018 / 07 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2018 / 09 ≫
Page.634



毎年10月の岩手のお楽しみ!昨年は第10回を迎え、スペシャルな駒を揃えました。

昨年がどんなスペシャル大会だったかはこちらをクリックください。

***************************

1.日 時  平成30年10月8日(月)体育の日 午前10時対局開始

 (午前9時受付開始、9時30分開会式)

 ※列車でお越しの際は、大船渡線・上り下りともに9時53分摺沢駅着で、対局に間に合います。電車で来る旨を申し込み時点でお話いただければ準備・対応してくださるそうです。

2.場 所  室蓬ホール (一関市大東町JR摺沢駅隣接)

3.参加料  A級1500円 B級1000円(昼食込・年齢問わず)

4.内 容 
  A級(定員48名 事前申し込み必要)
   

 ※Aクラスの対局は天童で注文した御蔵島特上手彫り駒、盤駒駒台木製24セットでお待ちしております。
  

 B級(定員はありませんが、事前申し込みしていただくと助かります)  
   

 ともにスイス式5回戦 持時間15分-秒読み30秒
  

 A級優勝者は特大盾・賞状・コメ10キロと特製大駒あんパン。    
 さらに、ゲスト棋士・田村康介七段とのエキジビションマッチ平手戦! 

 ちなみに、5位は5キロ、10位も20位も30位も10キロ。

 すべての出場者に豪華賞品が行きわたります。 

 今年も手ぶらじゃ帰しません!

※申込締切:準備の都合上、10月1日(土)までに申込みお願いします。
 

※大会参加は、事前申込です。 なるべくメールでお願いします。


5 申込先 日将連一関ごきげん支部 支部長 横田 努さん 
   

 メール yuibrand@docomo.ne.jp 携帯090-2279-6944

***************************

 一昨年の大会報告はこちらです。3年前の大会報告はこちらです。
4年前の大会報告はこちらです。

 なんでこんなに立て続けに過去の報告を挙げているかと言うと、毎年優勝の賞品が大きな将棋の駒のパン(王将→王将→飛車→竜王!なんてったって去年は竜王ですよ!)で、なぜかお約束のように、優勝された方が娘にくださるという多大な恩恵を受けて、プロフ写真を更新しているからなんです。その変遷が分かります。

 あ、ちなみに現在の「なんだ、この本物より五割増しで美化しているイラストは」という突っ込みが入りそうなプロフ写真は、姫父の妹にして娘のオバハンが描いてくれた(姫父が強制的に描かせた)イラストなのでしばし使っていますが、今年もパンをいただけましたら(優勝する気ないんかい!)ぜひプロフ写真更新します。

 でもなあ、今年あたりめっちゃ伸び盛りの小中学生のどなたかが優勝してしまうかも。そんでもって、「え~、僕が優勝したのに~!なんで○○(←娘の本名)にあげなきゃダメなの~(←もちろん、優勝者の正当な主張です。本来、娘がかっさらうことが特別なご厚意なのです。)」とおっしゃる時は、もうしばらく「本物より一割増のイラスト(←数値が下がっているぞ、親バカ)」が続きますことをご了承ください。

 若駒銀河を届けに行く気満々ですよ。


Page.723

 本日8月19日(日)は大船渡防災観光交流センターで開催された標記大会に娘が参戦してきました。引率は父です。

 さて、我が家としても大船渡防災観光交流センターで開催される大会に参加するのは初めてですので、会場のご紹介をいたします。
(※以下、縮めて「防災センター」と呼びます。)
IMG_8172.jpg 
 防災センターは大船渡駅隣接。と言っても分かりづらいかもしれません。むしろ、「真ん前が、昨年に竜王戦第2局前夜祭が開かれた大船渡プラザホテルだ」と言った方が通じるかもしれません。今年出来たての施設です。
 1階は事務室・エントランス、2階は交流スペース、3階は展望デッキとなっております。
 で、将棋大会は2階交流スペースの一角で開催されましたが、この交流スペースが大変多角的に子どもが楽しめるスペースになっております。

 大人でも楽しめる自転車だったり、ボールハウスだったり、ドールハウスだったり、
IMG_8159.jpg 
IMG_8160.jpg IMG_8161.jpg 
IMG_8162.jpg IMG_8163.jpg
絵本や児童書がわんさかありまして、しかも、良書が集められております。
それもそのはず、協力しているのは大船渡が誇るNPO法人「おはなしころりん」さんで、絵本の選定に関して間違いなくすばらしい方々です。ワークショップも開いておりまして、娘も将棋の合間に大変楽しんでおりました。
だから、お兄ちゃんお姉ちゃんが将棋大会に参加している時に小さい弟くん妹さんも大いに楽しめると思います。

さらに、展望デッキから見える景色ですが、
IMG_8177.jpg 
ちょっと紹介しますかね。右手前が大船渡駅。駅って言ってもBRT、つまり巡回バスです。奥はまだ平地が目立つ大船渡の街並み。中央手前がタクシーロータリー、奥が大船渡プラザホテル。左側展望デッキの下に見える黒い屋根が「かもめテラス」。大船渡が誇る「かもめの玉子」のさいとう製菓のお菓子が多彩にありまして、お土産に最適。で、かもめテラスと大船渡プラザホテルの間にある平屋の黒い屋根のスペースが「キャッセン」と言いまして、いろんな食べ物の店や本屋や洋服屋とかがあります。その奥すぐにはショッピングセンターマイヤもあるので、大会出場者には弁当が出ますが、「せっかくだから大船渡のものを食べたり買ったりしたい」という方にとって徒歩で行ける便利なアクセス会場と言えます。
 ぜひこれから、「大船渡防災観光交流センター」会場で将棋大会がある時には、大船渡観光を楽しむつもりでいらしていただけたらと思います。

 さて、もっと早く上記のようなことを告知しておけば良かったですかねえ。将棋大会参加者は、多分みな地元気仙勢で18人。学生は娘一人のようですね。無論、女流も娘一人。ほかにあんまり大会が内容だったから、「暇だから大船渡に行ってみるか」と思う方がもう少しいそうな気がしましたが、宿題の仕上げで忙しかったのかな?
 そんなわけで若手唯一の参加となった娘は、運営に回った平山先生に棋譜をとっていただいた上に感想戦もリードしていただいたり、文字通りの手取り足取り指導を受けております。本当に恵まれてますねえ。優しい先生の目から見ても真剣さと集中力が足りないのにも関わらず、ここまで目をかけていただいております。娘の長い眠りはいつ覚醒するのか。

 

Page.721

 気仙沼将棋会支部様よりご案内のはがきをいただきました。ありがとうございます。

*************************
第25回河北新報杯争奪三陸沿岸将棋大会

日時 平成30年8月26日(日) 10時開始

会場 気仙沼市 本吉公民館(気仙沼市本吉町津谷新明戸136 ℡0226-42-2606)

参加料 一般1500円 中学生以下1000円 昼食付

区分 A組(3段以上) B組(2段~2級) C組(3級以下)

大会 5回戦スイス式トーナメント 持ち時間15分+秒読み30秒

連絡先 気仙沼支部幹事長 吉田拓生さん ℡090-6867-4737

Page.720

双掌の会様より、昨年に娘が参加させていただいた縁でご案内を受けました。ありがとうございます。

昨年度参加報告はこちらです。姫父は仕事でいけませんでしたが、すんごく楽しんでいる写真が送られてきました。

**********************************

第2回「一番町青空こども将棋名人戦」 開催要項

1.日時 平成30年9月24日(月)  10時30分受付  11時00分対局開始

2.会場 サンモール一番町商店街(青葉通り~南町通りの間のアーケード内)
  ※当日は、サンモール一番町内で、自動車の展示会やマルシェも開催します。
 
3.参加費  
  ① 一番町青空こども将棋名人戦  1,000円(昼食無し)
   ※参加賞あり
   ※チャンピオンクラス・チャレンジャークラスともに、
        優勝者にはトロフィー、2位、3位には賞状授与

  ② プロ棋士による指導対局(島朗九段、鈴木環那女流二段)
    (13:00~14:30を予定しております。指導対局は、当日申込も募集する予定ですが、
     できるだけ事前申込をお願い致します。事前申込者を優先します。
      トーナメント敗退者は、無料で指導対局が受けられます。)
       一般:1,000円、高校生以下:500円
    (※こちらは、小学生以外の一般の方もご参加いただけます。

  ③ 「次の一手」クイズ    無料(14:30~15:30予定)
    ※正解者の中から、プロ棋士のサイン色紙を5名にプレゼント

  ④ フリー対局スペース    無料(11:00~15:30予定)
    (※こちらは、小学生以外の一般の方もご参加いただけます。
 
4.競技方法
   ・2クラス制(チャンピオンクラス・チャレンジャークラス)   11:00開始  15:30終了予定
   ※チャンピオンクラスは、概ね2級以上~有段者、
          チャレンジャークラスは3級以下を目安としています。
   ※上記2クラスとも、事前予約制で先着16名ずつになります。
     原則、欠席のないようにお願い致します。
     また、当日欠席者が出た場合には、補欠参加を募集いたします。
    (万一、参加できない場合、指導対局、「次の一手」、フリー対局をお楽しみください。)
  ・総平手戦(トーナメント戦)
  ・持ち時間各10分切れたら秒読み30秒(チャレンジャークラス1回戦以外)
   ※チャレンジャークラスの1回戦は、対局時計を使用しません。

5.審判長:日本将棋連盟 島朗九段
    副審判長:日本将棋連盟 鈴木環那女流二段

6.申込方法:メールもしくは電話、ファックス
申込先:まちくる仙台(担当者 佐藤、石井)
メールアドレスに、下記必要事項を明記して、「一番町青空こども将棋名人戦」の件名で送信下さい。
(ファックス、電話の場合も、下記の内容をお伝えください。)
  メールアドレス: info@machi-kuru.com
  電話: 022-395-6101
  FAX:  022-395-6102
(1)参加者の氏名・フリガナ
(2)参加クラス(チャンピオンクラスか、チャレンジャークラスか)
(3)ご自宅の市町村名
(4)段・級位
(5)学年
(6)連絡先(携帯電話など)

他県の方も大歓迎です。
何卒よろしくお願い申し上げます。
※当日は、自動車の展示会やマルシェも予定しておりますので、ご父兄の方も是非お越しください。


一番町青空こども将棋名人戦HP
https://ameblo.jp/jimucho-ganbare/

主催:双掌の会 
④メールアドレス:info@machi-kuru.com
⑤URL:
https://ameblo.jp/jimucho-ganbare/



Page.719

 本日、「若駒銀河」第2号が印刷所から届きました。
 ここ数か月、いろんなところで「予算が出来たら作ります」と話してきましたが、県連の細川会長に出資していただき、一気に完成まで進みました。ありがとうございます!
 本来、届く予定日は県連会長杯などが終わった後だったのですが、依頼した印刷所がものすごくがんばってくださったようです。おまけにお値段据え置き。ありがたやありがたや。というわけで、ここ1~2週間で開催される北上日曜研修会、東和温泉杯、県連会長杯の会場にお届けしてきましたので、参加される方は、ぜひとも手に取っていただけたらと思います。もちのろん、フリーです。

 というわけで、例によってWEB版も用意しました。サムネイルをクリックすれば拡大されますので、ダウンロードでもスクリーンショットでもお好きなように保存してご覧ください。

まずは表紙。
若駒銀河2-01-1 
 倉敷王将県大会で熱戦を演じた「黄金世代」の6年生をリスペクトしたレイアウトにしております。
 つづいて2~3ページ見開き。
若駒銀河2-03-1 若駒銀河2-02-1
 倉敷王将県大会の展望、結果、優勝者インタビューです。全国大会は本来8月初旬の予定でしたが、豪雨災害のために1月に延期になりました。その翌日が小学生名人戦県予選というハードさですが、なんとかお体に気をつけてご活躍ください。
 続いて4~5ページ見開き。
若駒銀河2-05(2)-1 若駒銀河2-04(2)-1
 7月に行われた県アマチュア女流名人戦のレポートです。参加した9人の女流さんと昨年までの王者のプロフィールを大々的に載せましたが、考えるところがあって、WEB版の方はプロフィール写真を削除修正しています。紙版の方には、行けなかった姫父に代わってレポートした姫母による自画自賛の写真を扱っていますので、ぜひ紙版を手に入れてご覧いただきたいです。
 続きまして、6~7ページ見開きは年間カレンダーと岩手の将棋大会会場マップ。
若駒銀河2-07-1 若駒銀河2-06-1
 これ、紙版だと私としたことが痛恨のミス!「岩手将棋マップ」のでっかい文字が文字化けしちゃっているのに気づかなかったのよ。紙版を手に入れたときには、「ああ、これのことか」と笑ってくんなまし。とはいえ、よく作ったと自画自賛してますよ。
 次のページからは「プロト版」つまり第1号でも扱った内容です。
 8~9ページは「岩手の小学生大会」。
若駒銀河2-09-1 若駒銀河2-08-1
 パル大会がA級とB級に分かれた点を修正しました。ただ、毎年楽しみにしていた「マスト将棋大会(大槌町)」が、今回の夏休み大会と次回の冬休み大会を、事情により開催しないそうです。なんて残念。この枠の扱いについても、次回は考えたいです。
 10~11ページは一般大会・イベント。
若駒銀河2-11-1 若駒銀河2-10-1
 6月に、今まで以上にお世話になった「JT将棋フェスティバル」でしたが、今年で区切りになるという話を聞き及びましたので、その枠を「岩手中学・高校将棋合宿」に差し替えました。我が家も何回もお世話になりました。
 12~13ページは「将棋教室」。
若駒銀河2-13-1 若駒銀河2-12-1
 銀河研究会の開催場所など、細かい点を修正しました。あと、我が大船渡の教室も多少変更が見られるようなので、これからしっかり聞き込みをして、次回は新バージョンを載せられたらと思います。
 14~15ページ見開きは新しい記事です。
若駒銀河2-15-1 若駒銀河2-14-1
 まず14ページ。岩手県外の、けっこう参加しやすい大会を載せてみました。ぜひ足を伸ばしてみてください。
 15ページの方は、今から2年ちょっと前に岩手日報に掲載された棋戦を例にとって、ぜひ新聞の棋戦欄を読もう!ってなことを書いてみました。しかし、当時小2と小5だった彼女たちが今や小5と中2。今も将棋を続けているだけでなく、この時とは比べ物にならないほど棋力をつけて岩手女流界を引っ張ってますからね。感慨深いものがあります。しみじみじみじみ……。
 裏表紙は変わらずHP紹介とスポンサー。
若駒銀河2-16-1 
 本当にありがたいことです。これからもよろしくお願いします。

【余談】
1 ちょいとつぶれて見えづらくなっていますけど、バックの色は、実は「銀河の星空」なんですよ。前回のプロト版はノーマルな「群青の銀河」、今回は「緑の銀河」。思ったより濃い緑になってしまいました。次回は「赤紫の銀河」かな?色調を変えるだけなんですけどね。
2 色調と言えば、WEB版と紙版では、若干、色の違いが見られるのです。なんでも、私が作った形式では、印刷所では読み取れない色があるらしく(主に真っ黄っ黄)、そこの色合いがやや青白くなります。写真は問題ないようなのですけどね。
3 これで、だいたい方向性が定まったかなあ。全16ページ構成で、表紙、小学生大会、一般大会、将棋教室、県外大会と年間カレンダー、裏表紙のHPとスポンサーは定番としてそのままで、残りの6ページで大会レポートをするといった感じでしょうか。今回扱った倉敷とアマ女流は2ページ使ったけど、中には1ページで十分大会の魅力をつたえられそうなものもありそうですし。私の勝手な算段としては、巻頭見開きで次の小学生名人戦県大会を最終取材にして、記事と表紙レイアウトができ次第、発注GO!なんて考えています。
4 カテゴリーに「若駒銀河」を増やしておきます。


anagumahime

Author:anagumahime
中3の息子と小6の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。