参加報告:JT将棋フェスティバルin宮城県栗原市

IMG_6668 - コピー

 この土日はルート107大会など、数多くの大会が催されましたが、我が家は運よく標記大会に一家四人で当選したので、参加して参りました。

 当日は9時半に大船渡出発。娘はちょっと前髪が伸びていたので、行く前に美容院に行ってきました。だってせっかく写真撮るんですもの。当初の予定では大船渡高校文化祭の囲碁将棋同好会に行ってからかなあと思いましたが、それは前日に済ませてきました。アイフォンのマップでは大船渡から栗原の会場まで寄り道無しで2時間半の予測。正確ですね。会場のエポカ21はくりこま高原駅に隣接していて、展望台らしきものが見えます。レストラン、プール、ホテルまであります。その2階で開催されました。
IMG_6667 - コピー

 イベント当選者は110名。3分の1くらいは高校生より若い世代の子たちでしたね。聞いたところによると、応募してきた人数は250人だったそうです。うわあ、半分以下の当選人数の中に我が家の4人を入れてくださったんですか。ご配慮をいただき、たいへんありがとうございました。それを考えると、本当に将棋ブームなんですね。思えば一昨年に気仙沼で開催された時には、谷川(当時の)会長をはじめ、素晴らしい方々がいらしていたにも関わらず、小学生は息子と娘の2人だけだったことから考えると、すごいですね。その時もいらしていた安食先生の目にはどううつったでしょうか。

 午後1時からイベント開始。壇上に登場された棋士の皆さんは、佐藤天彦名人、野月浩貴八段、中村太地六段、室谷由紀女流二段、安食総子女流初段の5人の方々。やっぱり子どもたちは名人に会いに来たのかなー。まあ、うちもそれが大きいんですけどね。名人以外の皆さんには、今まで様々なイベントで接近からのべったりをしーの、娘とのツーショット写真を撮っていただきーの、サインを書いてもらいーのしてきたのですが、天彦名人には、昨年のJT杯で握手をしてもらっただけですからね。いやもちろん、それだけでもありがたいことですよ、もちろん。でも、せっかくのJTフェスティバルですもの、サインは無理でも息子と娘の3人写真撮影を目指します。
 結果を言えば、達成しました。プロアマリレー対局(宮城の小中学生棋士さん、さすがです)の後、たっくさん撮影チャンスがあるのがこのイベントの懐の深さ。名人と息子娘の念願写真はもちろん、それぞれの先生方との写真もたくさん撮りました。娘もJTフェスティバル7回目(宮古・気仙沼遠野南三陸大槌一関・今回の栗原)ですからね。勝手知ったる動きで、縦横無尽にプロ棋士の先生方やスタッフの皆さんにたくさんふれあいをさせていただきました。
IMG_6732 - コピー
左の方はどなただと思います?なんて恐ろしい子……!

 娘は次の一手クイズの後、ぐるぐる指導対局にも当選し、先生方皆さんに、とっても丁寧に勝ちに導いていただきました。息子ははずれだったのですが、自由対局で充実した将棋をさせていただいたようです。最近水泳の方に熱心だったことを考えると、うれしいことですね。娘も指導対局の後は自由対局を楽しみました。たぶん将棋を始めたばかりの女の子と一緒に、初心に帰ることも楽しみましたよ。
IMG_6725 - コピー

んー、でも、よく考えたら、娘はどうぶつしょうぎはしてなかったけど、やってみると楽しかったかな?

3時半からはプロ棋士の先生方のトークショー。ええと、その時のメモによると、

・室谷先生は対局に負けた日の夜は一人カラオケ。
・野月先生は帰ってその日のうちに棋譜の打ち込み。
・中村先生は勝った日は家に帰ってご褒美アイス。
・名人も中村先生も海外ドラマをよく見る。
・名人は外国製家具のカタログを見るのが好き。中には注文して届くまでに半年を要した家具もある。
・安食先生は野球を見に行くのが好き。室谷先生はボクシングをやるのが好き。
・室谷先生の一番好きな食べ物は牛タン
・名人のリップクリームは佐藤製薬のユリアージュ。
・室谷先生が競馬で当てた10万円は後輩にご飯をおごってなくなった。もう少し高い金が当たったら将棋の駒を買いたかった。

 ……、今回の話の流れはこんな感じです。かつては将棋少年少女に薫陶を授ける話が多かった印象がありますが、回を重ねると、やっぱり将棋以外の内面を知りたいという世相が反映されている気がします。いえいえ、それでいいと思います。とっても面白かったです。

 最後のお楽しみ抽選会は、今回もまた家族のだれも当たりません。当たった方は本当にうらやましいですね。我が家もかつて遠野ではかなりうらやまれたのかな?ああ、その時突然やってきた幸運よ、いつかカムバックしてほしい。

 あれやこれやいろいろ言いましたが、本当に楽しみました。今日も再会を果たしたスタッフや関係者の皆様には「大きくなったね」など、うれしい言葉をたくさんかけていただきました。今年はあと10月に福島であるようですが、盛会になることをお祈り申し上げます。(竜王戦第2局及び大盤解説in大船渡と重なってしまうのが残念ですが) また、来年以降もぜひこのJTフェスティバルか催されることをご期待申し上げます。


スポンサーサイト

双掌の会10周年記念 一番町青空将棋名人戦(仙台市)

双掌の会様よりコメントでご連絡をいただきました。ありがとうございます。
2クラスとも限定16名?出るつもりならば申し込みを急がねば!
***********************
双掌の会10周年記念 「一番町青空将棋名人戦」 開催要項

1.日時 平成29年9月16日(土) 10時30分受付  11時00分対局開始

2.会場 サンモール一番町商店街(青葉通り~南町通りの間)

3.参加費  1.一番町青空将棋名人戦(事前申込制)
一般:2,000円、高校生以下:1,000円(昼食無し)
       2.プロ棋士による指導対局(島朗九段、鈴木環那女流二段)
(13:00~15:00を予定しております。事前申込制ですが、
        当日、空きがあれば、随時募集いたします。)
       一般:1,000円、高校生以下:500円
       3.「次の一手」ゲーム     無料(15:00~16:00予定)
       4.フリー対局スペース     無料(11:00~16:00予定)

4.競技方法 ・2クラス制(小学生の部、一般の部) 11:00開始16:00終了予定
       ※上記2クラスとも、事前予約制で先着16名ずつになります。原則、欠席のないようにお願い致します。また、当日欠席者が出た場合には、補欠参加を募集いたします。
      (万一、参加できない場合、是非、指導対局、「次の一手」、フリー対局をお楽しみください。)
       ・総平手戦(トーナメント戦)
       ・持ち時間各15分切れたら秒読み30秒(小学生の部1回戦以外)
       ※小学生の部1回戦のみ対局時計を使用しません。

5.審判長:日本将棋連盟 島朗九段
副審判長:日本将棋連盟 鈴木環那女流二段

6.申込方法:メールもしくは電話、ファックス
申込先:まちくる仙台(担当者 佐藤、石井)
メールアドレスに、下記必要事項を明記して、「一番町青空将棋名人戦」の件名で送信下さい。
(ファックス、電話の場合も、下記の内容をお伝えください。)
メールアドレス: info@machi-kuru.com
電話: 022-395-6101
FAX: 022-395-6102
(1)参加者の氏名・フリガナ
(2)参加クラス(小学生の部か一般の部か)(指導対局のみか)
(3)ご自宅の市町村名
(4)段・級位
(5)高校生以下の場合は学年
( 6 ) 連絡先(携帯電話番号等)

※双掌の会とは
 仙台を愛し、地元を活気ある街にしたいと考えている会です。
 双掌とは、自分で両手を合わせれば合掌ですが、他人とハイタッチで手を合わせ、皆で協力  していこうという造語です。

徒然日記(平成29年8月20日・追記あり)

 本日は地元大船渡で開催された竜王戦開催記念大会に息子と娘が参戦してきました。息子は明日、中学に入学して最初の実力テスト(私らが中学生の時にはしらゆりテストと言われていたやつです)があるんですが、テスト前って三日間は部活動停止にして「テスト勉強に集中せえ」となっているのですが、せっかくの竜王戦記念大会ですしねえ……。このブログを中学校関係者の方が読んでいないことを祈ります……って、無理ですよねえ。 
 本日の大会には市内だけでなく、気仙沼市や奥州市、遠野市などから、岩手の将棋関係者なら皆さん知っているほどの強豪の棋士の皆様までが参戦なさったのですが、当ブログをご覧になっていることが分かりました。本大会のこともこのブログで知ったとのこと。思った以上に見られているならば中学校関係者に知られても致し方なし。一応息子のフォローをしておけば、対局の合間と帰ってきてからはテスト勉強をしてますよー。大会の方は息子娘そろって残念な結果に終わりましたが。
 だってだって仕方なかったと思いますよ。参加者は息子娘合わせて総勢25人だったのですが、地区外からいらっしゃる方も迎え撃つ側もいつも以上に強豪が集結したために、負けても負けても当たるは強い方々。それでも、あらためて息子も娘も多くの方々に目をかけていただいているのが分かりました。ぜひこれからもご指導いただきたいです。よろしくお願いします。

【追記】
 本日は東和でも世代間交流大会があり、Y田母様よりご報告をいただきましたので、表記事として反映いたします。あちらでもこちらでもたゆまぬ努力をしている皆さんの話は本当に刺激になります。
「第26回世代間交流将棋大会に参加しました。
大人の部12名(小学生3名参加)
小学生の部4名
初心者女性の部3名(女性は一人)

将棋は、幼児から年配の方まで、一緒に幅広い年齢で楽しめるんだと実感する大会です。
皆さんの御協力のおかげで無事終了することが出来ました。ありがとうございました!
次回は、12月17日を予定しています。
沢山の参加、お待ちしています!」

大船渡支部 2017秋の大会+α(大船渡市)

本日の将棋教室で平山先生からご案内いただきました。
*************************

③第16回大船渡支部長杯将棋大会
 日時 2017年11月26日(日)
  受付9時20分~ 対局10:00~15:00ごろ
 会場 県立福祉の里センター(大船渡市立根町字田ノ上30-20)
 参加費 大人1500円 学生1000円(昼食付)

****************************
すべて問い合わせは平山敏夫先生まで
 (携帯 080-1690-0586)

沿岸地区の高校文化祭

今月末に大船渡高校と釜石高校で文化祭があります。この二校には将棋部(同好会)があり、昨年までと同じなら、一般公開の時間に対局相手になってくださいます。岩手高校の活躍が際立っていますが、この2校も活躍なさっています。
*************************
平成29年大船渡高校文化祭(大高まつり)
 8月26日(土) 一般公開 10:30~14:00
 8月27日(日) 一般公開  9:00~14:00
 ※囲碁将棋同好会は第1校舎2階で行われます。

*************************
平成29年釜石高校文化祭(釜高祭)
 8月27日(日) 一般公開 9:30~15:00
 一昨年の開催報告が浜っ子クラブ様ブログの過去ログから見られます。

*************************
 高校文化祭だけあって、模擬店やバザー、ステージ発表などもあります。栗原でのJTイベントや107号沿線大会もあるので、都合がつかない方が多いかもしれませんが、都合がつく方は行ってみるのもいいと思います。

 我が家も折を見て、昨年のように大高に「たのもー!」としゃれこみたいです。昨年は娘が返り討ちになりましたが、今年はもうちょっといい勝負ができるかなー。できないかなー。昨年は、詰将棋問題も出題されたし、先輩方がかわるがわるお相手してくださいましたし、おもしろかったですよ。

なお、沿岸では9月2日(土)に高田高校の文化祭がありますが、囲碁将棋部およびその展示があるかは知らないんです。

もしも他の地区の高校文化祭(囲碁将棋部企画)の情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントに書き込んでいただければありがたいです。
プロフィール

anagumahime

Author:anagumahime
中1の息子と小4の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR