第5回気仙帝王位将棋大会

本日の東海新報の棋戦欄に載っておりました。
前回の大会参加報告はこちらです。

前回から自由参加になりました。
奮ってご参加ください。
☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗
第5回気仙帝王位将棋大会
日時 平成29年7月23日(日)
 9時30分受付 (今までだと16時終了予定)
会場 福祉の里センター(大船渡市立根町字田ノ上30-20)
会費 大人1000円 女性・学生500円 昼食付き
参加資格 県内外の棋力5級以上から有段者まで自由参加できます。

(※ここから下は、新聞に載っていませんですが、前回までのルールです)
対局方法 総平手戦
持ち時間 20分 30秒
点数制4対局
1位と2位に賞状授与 3位賞品 全員に参加賞
主宰 気仙将棋教室 平山敏夫先生
問合せ 080-1690-0586
スポンサーサイト

第9回東和温泉杯夏休み将棋大会

Y田母さまより情報を送っていただきました。夏休み中とはいえ、毎回平日開催。それにもかかわらず参加者が多い人気大会です。
昨年の大会報告はこちらです。

****************************
第9回東和温泉杯冬休み将棋大会
平成29年8月10日(木)
午前9時受付 午前10時試合開始
会場:花と緑と安らぎの湯 東和温泉 大広間
部門:
小学生低学年の部(1.2年生及び初心者)
小学生高学年の部(3年生以上)
大人の部(中学生以上)
参加費:中学生以上1,500円 小学生1,000円
 (参加費は当日頂きます。参加費に昼食代含む)
その他:中学生以上は5回戦、小学生6回戦
申し込み:平成29年8月7日締め切り(準備の都合により当日の申し込みは出来ません。)
申し込み、お問い合わせ
東和温泉 ℡0198-42-4311
後援 日本将棋連盟東和まほろば支部 ℡0198-42-2823

大会報告をいただきました:東和世代間交流大会

 クラブロー様とY田母様より東和世代間大会の報告をいただきました。アップが遅れてすみません。
 いいところを合わせて表記事とさせていただきます。

**************************
参加者は大人の部12名(うち小学生2名)、小学生の部5名、初心者女性の部3名(女の子3人のデビュー戦)、参加者少なめでしたが、遠くは石巻市、滝沢市、釜石市など、遠方より参加いただきました。
**************************
写真も送っていただきましたが、さすが東和大会、豪華なトロフィーです。女子の部は3人ともトロフィーをもってにっこりしています。良かったですねぇ。娘が兄の後を追いかけて将棋を始めた日のことを思い出します。あれから5年。娘は見た目も中身もぜんぜん変わりませんけど、今回デビューの皆さんはこれからの成長が楽しみですね。

徒然日記(平成29年6月25日)

 本日6月25日は地元大船渡の気仙帝王位戦に娘が参戦してきました。息子は近々人生初の期末テストがあるので、テスト勉強に励んでおります。昨日も盛岡に行った際に午後から将棋サロンに修業に行ったのは娘だけ。最近は娘の方がよっぽど将棋の勉強をしています。今日の大会でも「今日はお兄ちゃんはどうしたの?」とたくさんの方に声をかけていただきました。ほんと、幸せ者ですねえ。あんた、多くの方に気にかけてもらってんだから、もっと将棋に時間をかけなさいよ。

 気仙帝王位戦はクラス分け無しで17人の参加。大船渡だけでなく、北宮城からも強豪の方々が参加し、やはりそれだけの結果を残していかれました。お弁当は助六寿司で、とっても食べやすかったです。娘も負けっぱなしというわけではなかったから、少しは成長したかな。今回の大会では「新人賞」「敢闘賞」「マナー賞」がありまして、娘は新人賞をいただきました。5年やっていていまだ新人賞。永世新人王だ。次はマナー賞をとれるようにがんばりましょう。

 来週は県アマ女流名人戦です。がんばるぞー!おー!

大会報告:紫波支部夏季将棋大会(追記あり)

 本日は紫波グリーンホテルで開催された標記大会に娘が参加してきました。引率は母です。息子は地元の地区中総体。今回は野球部の応援です。兄妹セットで大会参加できることが少なくなってきていて、娘のモチベーションを高める理由を作るのも一苦労。でも、今回は中川大輔先生に会えると伝えたら、目をとっても輝かせて出発しました。1月2日の山田様宅新年会以来の再会。よかったねえ。

 ちなみにこの日は横手市でさくらんぼ杯将棋大会が開催され、Y田家で参加したという報告をY田母様よりいただきました。Aクラス30名、Bクラス26名、Cクラス30名で、小学生の参加者もいたそうです。おお、盛会です。

【Y田母様からの追記です】
「屋敷先生の人柄に、感銘を受けました!笑顔が素敵ですね~。写真撮影にも、快く承諾くださいました!!
 ちなみに、東和チームでは次男だけ指導対局をお願いしましたが、ミスしたとかで、涙涙の1日でした。
 優勝賞品はじめ豪華な賞品に、やる気満々の参加者86名。閉会式16:00まで、将棋を楽しんだ1日でした~。」
 
 屋敷先生は以前、紫波の大会にいらして、うちの子たちも記念撮影をしていただきました。私はその日直接お会いできませんでしたが、写真からも優しいお人柄がとてもにじみ出ていた覚えがあります。みなさんご存知のとおり、屋敷先生は最年少タイトル獲得記録保持者。ということは、おそらくさほど遠くない未来に、その記録を塗り替えられるかどうかの気持ちを山ほどインタビューされることになるのではないでしょうか。

 紫波支部大会の方は、A級26名、B級24名、C級9名、娘はB級にエントリー。そういえば、北上でも支部対抗戦が開催されたわけですから、分散した感じになったのでしょうか。それでもこの人数なのですから、さすが毎年恒例の人気大会、さすが中川先生です。

 娘、しょっぱなから中川先生に再会のドーン!ぶれません。すみませんすみません。母の方も、顔見知りの方みなさんに声をかけていただいたようで、楽しい話ができたようです。ありがとうございます。そのうち、中川先生をはじめ将棋をなさる方々が異口同音に指摘なさったのが「娘の過剰な早指し」。ハチャメチャな言動を寛大に見ていただき、早指し癖を気にかけていただき、本当に娘は幸せ者です。言ってもらえるうちに直しなさいよと言い続けて早5年……。

 そんなだから大会の方はそんな結果に終わったようですけどね。もっとも、皆さん強かったようですし、娘は新しい戦法を模索中で不発に終わったということもあるようです。これがしっかりマスターできれば、一皮むけると思うんですねどねえ……。
 C級の棋士さんたちが中心だった指導対局にも混ぜてもらえたようです。「確実に勝てる駒落ちを」ということで四枚落ちを気持ちよく勝たせていただいたということでした。

 姫母からの伝達をなんとかイメージして書いているので、うまく伝えられないですが、運営の紫波支部の皆さんをはじめ、多くの皆さんにお世話になったと伺っています。今後ともグリーンホテル様開催の大会でお世話になりたいので、よろしくお願いします。差し当たって、まずは7月2日(日)の県女流名人戦だ。がんばるぞ、おー!
プロフィール

anagumahime

Author:anagumahime
中1の息子と小4の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR