05
1
2
3
4
6
7
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
29
30
31
   

大会報告:第3回こどもの日小学生将棋大会(山形市)

本日5月5日(金・祝)、山形市は十字屋山形店で開催された標記大会に参加してきました。ちょっとした所用をこなしてきたので、会場入りしたのは10時ちょっとすぎ。おそらくかつての私たちのように、開店前から入り口にスタンバイしていた方々もいたのでしょう。すでにかなりの小学生棋士とそのご家族がいらっしゃっていました。

今回は小学生大会。参加資格がなくなった息子は応援。娘は初の「高学年の部」に参戦です。家族4人で山形入りをしたのですが、諸事情のため、最初から会場入りしたのは娘と父の2人。会場は8階というイメージがあったのですが、今回は6階・おもちゃ売り場の横の特別スペースでの開催になりました。参加費は500円(弁当付き)です。

参加者は低学年の部14人、高学年の部23人。ほとんどが山形(北は鶴岡、南は米沢)の中で、宮城や埼玉からもいらしていました。岩手は娘を含み、2人だと思います。最近は高速道路の発達のおかげで、岩手から山形での大会に参戦する人が多くなっているようなのですが、今日は盛岡や北上で大会や研修会があったからなあ。女流の参加は娘を含んで3人。新たなライバルの登場の予感です。まあ、いつもの通り娘はお一人とものすごく仲良くなったようで、随分と引きずり回していました。ごめんなさいごめんなさい。

 さて、開会式の後、10時45分に対局開始。低学年も高学年もスイス式5回戦でしたが、低学年は午前中3回戦まで、高学年は午前中2回戦まで行われました。高学年の部は持ち時間15分だったのですが、実力者同士の対局は双方秒読みになりますからなあ。娘はもちろん、勝っても負けてもあっという間ですわ。そして、双方秒読みのところは当然熱戦なわけですから、周りを囲む人の山ができていました。一方、対局を終えた娘の視線の先にあるものは……、
IMG_55672.jpg

 まあ、このような会場脇ですから、娘には魅力の山・山・山。
IMG_55742.jpg

 そういう父をノスタルジックにさせるものもあるわけです。
IMG_5578.jpg
 おかげで全然退屈しません。でも、できることなら観戦してくれないものかと。

 さて、午前中の対局を終えた後はお弁当。おおう、子どもの日デラックス。
IMG_5576.jpg
 事情があって父がほとんどいただきましたが、低学年の子たちにとっては、親子で1個でちょうどいい世帯も多かったように思います。

 そして、付き添いの保護者にお稲荷さんがサービスされるという太っ腹さ。
IMG_5577.jpg
 ありがとうございます。当然、娘が美味しくいただきました。

 後から気づいたのですが、おそらく付き添いの方々のために、おにぎりとパンと飲み物が販売されていました。
IMG_55792.jpg
 ただ、我が家もそうですが、どこのご家族も準備してきたり外に食べに行ったりしたようで、あまり売れていないようでした。おにぎりがおいしそうだったからちょっと残念。今度はこのことも想定しようかしら。

 というわけで、「強豪」と言われる皆さんよりはるかに早指しが目立ったとはいえ、午後の3対局までよく頑張ったと思います。

 母と息子は午後に会場入りして娘の応援しがてら、息子は山形県の強豪棋士の方に指導対局をしていただき、母は仲良くなったお母さま方とトークをした後、また出かけて行きました。どこへ行ったかなんぞ知りません。父の方も、娘を通じて仲良くなった方々とお話でき、大変有意義な時間を過ごさせていただきました。最後に表彰式と参加賞配布。山形県らしく、かっこいいモンテディオのスポーツ巾着をいただきました。

 年に2回の十字屋小学生大会。高学年の部に娘が参加するようになって時の流れの速さを感じますが、娘の小学校卒業まで、これからもできるだけ参戦できればと願っております。運営の皆様、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

プロフィール

anagumahime

Author:anagumahime
中1の息子と小4の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR