徒然日記(平成28年5月29日)

 この土日ですが、28日(土)は地元大船渡の将棋教室、29日(日)は北上日曜研修会に家族で参加しました。日曜研修会の方は息子娘合わせて5人の小学生のほか、中学生2人、高校生4人の盛況ぶり。中学生以上の多くは市外から電車で及川先生のご指導を受けに来たということです。息子娘とも練習対局をしていただき、とても有意義な勉強ができました。
 29日(日)はわが家が参加した北上教室以外にも、分かっているだけで東和と釜石で教室が合ったようで、おそらく将棋サロンも盛況だったのでは……?先週、多くの大会が重なった分、今週は大会がなくて、その分練習会が重なりました。2週間後にいよいよ倉敷王将県大会が行われる空気を肌で感じます。北上教室でも子どもたち同士(+姫父)でその話題になりましたが、それ以上に同日に開催予定の団体戦の県予選のことについて話されました。ライバルはここ、侮れないのはここなどと盛り上がりましたが、結局メンバーが揃わない(だろう)息子娘にとっては、参加できるだけでもうらやましい限りです。仲よくしてもらっている棋士さんたち同士での熾烈な戦いは昨年にも匹敵すると思います。健闘をお祈り申し上げます。うちも午後からに備え、残り2週間がんばろう。
スポンサーサイト

第10回小学生・第8回中学生女子将棋名人戦 東北大会(青森市)

日本将棋連盟ではなく、日本女子プロ将棋協会主催の大会です。下記の誘い文句はそそられるものがありますが、まだ娘では力不足だろうし、(娘より遥かに強い女流さんを知っているし、)青森市はちょっと遠いので無理かな……

 しかし!しかし!しかし!中学生選抜の方は、娘と懇意で、しかも強い女流棋士さんに心当たりがあるので、ぜひとも出場し、全国キップを獲得していただきたい思いです!この記事を通して大会のことを知り、出場の検討をしていただきたいと願っております!ぜひ!

掲載元はこちらです。

***********************************

中学生・小学生女子ナンバー1を決める「中学生女子将棋名人戦」「小学生女子将棋名人戦」の東北大会を下記の通り開催いたします。
参加資格は東北在住の小中学生女子、参加申し込みは当日受付です。
各部の優勝者は8月28日(日)に東京都で行う全国大会にご招待します。
東北の将棋ガール、集まれ!

◆日時 2016年6月5日(日) 12:30~受付 13:00開始
◆会場 日本将棋連盟青森支部道場(青森市緑3-1-2)

◆アクセス  
  ・ JR青森駅前4番乗り場より 「観光通り方面線・浜田循環線・横内環状線」
    市営バスで「サンロード前」下車徒歩4分 
  ・ お車でお越しの際は会場隣の有料駐車場をご利用ください。 

◆クラス 第22回青森県小・中学生選手権に併設。
     ①小学生女子名人戦東北大会
     ②中学生女子名人戦東北大会
     ・各部優勝者は8月28日(日)に東京都にて行う全国大会へ招待します。
     
◆参加費 500円(昼食はつきません)
◆参加資格 東北在住の小中学生女子
◆申込方法 当日会場で受け付けます
◆問い合わせ TEL:017-775-7744 青森県将棋連盟事務局
◆審判 島井咲緒里二段 県将棋連盟代表幹事 奈良岡実五段

◆主催 青森県将棋連盟、東奥日報社、東奥文化財団
◆協賛 株式会社マイナビ
◆後援 日本女子プロ将棋協会(LPSA)

イベント参加報告:JT復興支援プロジェクト将棋フェスティバルin南三陸

 紆余曲折がありまして、本日行われた標記大会に、結果として娘と父で参加して参りました。関係される方に感謝申し上げます。

 本日は地元大船渡での将棋大会があり、息子の方は一日がかりでしたが、娘の方が午前で終わりましたので、大急ぎで南三陸町のホテル観洋に向かいました。イベントは1時からだったのですが、わが家の会場入りは、リレー対局が終わった後での2時になりました。入り口から入り、海が一望できるすんごいロビーで羽生名人がテレビインタビューを受けているのを横目に、受付からの会場入り。みっちみちの参加者が、自由対局をしていたり、鈴木大介八段との記念撮影のために長い行列を作っていたりしているところでした。昨年度のイベントや宮城での各大会でお世話になっている方々も多く、たくさん声をかけていただきました。ありがとうございます。娘を見て「お兄ちゃんは今日はどうしたの?」という声もたくさんいただき、うれしかったです。ちなみに息子は「今日も地元で稀勢の里」との報告を受けました。

 2時からはぐるぐる指導対局(希望者による抽選)、自由対局、詰将棋クイズ、プロ棋士と盤を挟んでの記念撮影の四本立て。昨年参加した気仙沼と遠野のイベントでは指導対局を受けたのですが、今回は申し込みに間に合わず。でも、却ってそれで良かった気がします。娘は詰将棋クイズと記念撮影の両方のポールポジション席に座れる幸運に恵まれ、目いっぱい楽しみました。出題者は中村太地六段(一問だけ鈴木先生)だったのですが、娘にジャストフィットな問題を選んでくださったらしく、導いてもらうのもありながらも全問正解。わあ、大成長だ。父は全然解けなかったよ。お土産として下に掲載するので、よろしければ、何手詰めかも含めて各自お考え下さい。

 記念撮影(羽生名人、鈴木八段、中村六段、甲斐智美女流五段、井道千尋女流初段、コンプリート!)もしていただき、3時半からトークショー。話題は「将棋に熱中するようになった時期」、「将棋以外の日(休日)の過ごし方」、「テレビは何を見るか」、質問は「将棋を指せない母はどう相手をすればいいか?」、「家では高い駒を使っていたのか?」、「じいちゃんに勝てない。どうすれば勝てるか?」、ナイスな質問ですね。そして、それに対する棋士の皆さんの答えに納得したり、参考にしたりでした。

 最後の質問が「将棋を指す上で大切なことは何だと思いますか?」これまたいい質問です。鈴木先生「気持ちが充実していること」、甲斐先生「一手に自信をもってさせること」、井道先生「将棋は相手がいないとさせない。感謝を忘れない」、羽生先生「一局指した時に良い日だったと思えるように指したい」、どれも納得の答えです。でも、私個人が最も感銘を受けたのは中村先生の言葉でした。「健康と平和ですかね。将棋は平和でないとさせないから。」中村先生らしい語り口だったためか、会場は大爆笑でしたが、私はとても共感させていただきました。

 子どもが「プロ棋士になりたい」という夢を持っていたとします。その夢を叶える条件は「才能があること」や「たゆまぬ努力をすること」なども大事でしょうが、すべての大前提になることは「世の中が平和であること」だと思います。
かつて、料理人の道場六三郎氏が実家の漆塗りを「平和産業」と言ったのを聞いた覚えがありますが、将棋は平和産業の最たるもの、でも(少なくとも我が家にとって)夢と感動を与えてもらえる素敵な仕事だから絶対になくしたくないものです。日本が平和でなくなったら、将棋にかかわるものが真っ先に切り落とされる様子は「三月のライオン昭和異聞 灼熱の時代」の中のいくつかのエピソードから垣間見ることができます。
中村先生の答えに笑えるくらい、今の日本は平和(だと感じられる世の中)なのかもしれませんが、谷川浩司会長の言葉を借りれば「当たり前だと思ったら運は逃げていく。ありがたいことだということを忘れてはいけない」ように思います。だから、中村先生の言葉はとても大事なことだと思いました。
そう考えると、鈴木先生は「道端にゴミが落ちていたら必ず拾う」そうで、「そういうことの積み重ねが、将棋に必要な心の穏やかさにつながるから」とおっしゃっていましたが、それだけでなく「将棋ができる平和な世の中のために、小さいけど自分にできることだから」ということもある様に思いました。これからも将棋を続けたいなら、自分のことだけ考えるのでなく、将棋ができる平和な世の中のために、小さくてもいいから自分にできるのは何かを考えて実行することが大切だ。と、帰りの車の中で、いまだ復興序盤の南三陸の海沿いを見ながら娘への大演説ですわ。父の気持ちをいくらかでも分かってくれるとうれしいですけどね。寝ないで聞いててはくれたようですが。

 ……明日、もし雷雨があったら私のせいだな。それはともかく、最後はプレゼント抽選会(遠野の時のようなミラクルは起きず)、羽生先生の締めのスピーチの後、棋士の先生方との握手でお別れと相成りました。やっぱり、参加できたことがうれしかったですし、充実の時間になりました。大勢のスタッフの皆さんに心から感謝申し上げます。ぜひ8月の大槌のイベントでもお世話になりますのでよろしくお願いします。

◆お土産の詰将棋クイズ◆
あと2枚、取り損ねました。
それに、この1枚だけ、どうしても回転がうまくいかない……見づらくてすみません。
IMG_3859.jpg


IMG_3831.jpg

IMG_3837.jpg

IMG_3841.jpg

平成28年度紫波支部夏季将棋大会(追記あり)

紫波支部のK岡様より大会情報を寄せていただきました。ありがとうございます。
追記:ゲストが鈴木大介八段に決まったそうです!おお、去年から東北に縁がたくさんできましたね。

********************************
期日 平成28年6月19日(日) 受付8:40~9:30
会場 紫波グリーンホテル(紫波町日詰西6-6-2)
競技方法 A級・B級・C級の3クラス(すべて個人戦)C級は中学生以下
参加申し込み 当日受付
参加費 昼食込 一般1000円 学生500円
ゲスト 日本将棋連盟棋士 鈴木大介八段
 大会終了後(午後6時から)、鈴木先生を囲んで懇親会を行いますので、希望者の参加をお願いします。
 (懇親会参加費 大人3000円 学生2000円)
 参加申し込み6月12日あたりまで 問い合わせは小林さん090-3754-8734まで)
********************************

大会報告:第2回いわて若駒杯将棋大会(滝沢市)

 昨日5月15日(日)に滝沢ふるさと交流館で開催された標記大会に参加してきました。
 参加者は小学生の部A級16名(息子娘含む)、B級6名、中学生の部3名。盛岡や花巻など県央の子が中心でしたが、一関や釜石からの参加者もいました。言わずもがな、我が家は大船渡からの参加です。A級はスイス式4回戦、B級は総当たり、中学生は総当たり2回転で行われました。

 結果はわが家にとっては残念なものになりましたが、他県にひけを取らない拮抗になっているんだなと思うことにします。ははは……。それに、3月の県民共済杯やパル大会から飛躍的に実力が伸びた子が多くいるように感じます。勢いがある子の一カ月ってすごいですね。今から1カ月経たないうちに倉敷王将の県予選がありますが、低学年・高学年ともに、群雄割拠の分母が急激に増えそうです。特に低学年がね……。ははは……。

 この大会では特にマナーを重視し、試合前の練習対局でマナーのトレーニングをして、最後には特にマナーが良かった棋士4人に「マナー賞」が贈られました。今朝の練習で、いつもグニャグニャだった姿勢が心なしか改まっていたところを見ると、息子にとって励みになる賞だったようです。これからも取れるようにがんばりましょうね。娘にも見倣えと言いたいのですが、家でもこれから妹の手本になってくれるのでしょうか……?

 大会後に希望者に昇級認定対局をしてくれるということでしたので、娘が希望したところ、充実の大会で予定より大幅に伸びたにもかかわらず、大会後に受けさせていただきました。お相手してくださった棋士さん、認定に立ち会ってくださった運営の先生方に、大会運営もあわせ、厚くお礼申し上げます。娘にとってとても励みになり、またがんばろうという意欲が出てきました。ありがとうございました。

プロフィール

anagumahime

Author:anagumahime
小6の息子と小3の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR