徒然日記(平成29年9月1日→2日に追加)

 今週と別の用事で忙しく、大会などには参加できませぬ。こんな時でも強敵と書いて「とも」の皆さんは修業に励んでいることでしょうから、しっかり自主トレを積むのですよ、娘よ。

そんな私にとっての最近の気になるニュース2つ。

① 毎年1月2日と5月5日に充実の大会を開催してくださった十字屋山形店が来年1月31日をもって閉店するそうです。なんと残念な……。大変な中でも翌1月2日に大会を開いてくださるなら、今までのお礼を述べに参戦したいものです。かすかな期待を込めて動向を見守りたいと思います。

② 柚木裕子著「盤上の向日葵」が発売されました。もちろん、本屋で見つけたその場で即買いですよ。だって、岩手が生んで山形が育んだ期待の作家(すでに名作多し。)・柚木裕子×将棋という夢のコラボレーションですよ!新聞小説(ってことでいいの?「読売プレミアム」って)だったことは知っていて、リアルタイムで読むために新聞を変えようかとも思いましたが、踏ん切りがつかず、単行本が出たら絶対買おうと思っていました。出だしは天童駅から始まります。おおう、天童支部道場とかがあるあそこだ。次に竜王戦ゆかりのホテルと思われるホテルが出てきます。おおう、行ったことない。現在60ページ。最後は563ページ。字はけっこう小さい。こいつは読みごたえありそうだ。結末知らずに薦めるのもおかしいですが、絶対面白いと思うんだけどなあ。心のハードルを上げすぎでしょうか……?

【追加】
何だよう。都会では10日以上前に発売されていたのかよう。地元本屋、3日にあげず行ってるんだから、もっと頑張ってよう。
読み終わりましたわよ。563ページを2晩で。中盤からどんどん加速するのは、宮部みゆき作品のような感じです。私はすごく面白かったですが、万人に薦められるかと言ったら疑問です。東野圭吾の「祈りの幕が下りる時」を面白いと思った人にはお薦めします。
飯島栄治先生協力のもと、棋戦抜粋再現がいくつか出て来るのですが、読み飛ばしちゃったんだよなあ。再読の時は頑張って頭の中で再現するか、無理そうなら並べてみようかなと思いましたとさ。

 あと、岩手や青森も舞台として登場します。ただ、そのモデルはどこだか誰だかわかりません。だって……その理由を知りたければ読むしかないですね。 しかし、上に「地元本屋、もっと頑張れ」と書いたのですが、その後で県南内陸の本屋を何か所か回ったところ、総数1冊しか発見できませんでした。なぜに?ということは、5冊くらい入荷していた地元本屋さん、かなりがんばっていたということでしょうか。これは大変申し訳ありませんでした。
スポンサーサイト

徒然日記(平成29年8月20日・追記あり)

 本日は地元大船渡で開催された竜王戦開催記念大会に息子と娘が参戦してきました。息子は明日、中学に入学して最初の実力テスト(私らが中学生の時にはしらゆりテストと言われていたやつです)があるんですが、テスト前って三日間は部活動停止にして「テスト勉強に集中せえ」となっているのですが、せっかくの竜王戦記念大会ですしねえ……。このブログを中学校関係者の方が読んでいないことを祈ります……って、無理ですよねえ。 
 本日の大会には市内だけでなく、気仙沼市や奥州市、遠野市などから、岩手の将棋関係者なら皆さん知っているほどの強豪の棋士の皆様までが参戦なさったのですが、当ブログをご覧になっていることが分かりました。本大会のこともこのブログで知ったとのこと。思った以上に見られているならば中学校関係者に知られても致し方なし。一応息子のフォローをしておけば、対局の合間と帰ってきてからはテスト勉強をしてますよー。大会の方は息子娘そろって残念な結果に終わりましたが。
 だってだって仕方なかったと思いますよ。参加者は息子娘合わせて総勢25人だったのですが、地区外からいらっしゃる方も迎え撃つ側もいつも以上に強豪が集結したために、負けても負けても当たるは強い方々。それでも、あらためて息子も娘も多くの方々に目をかけていただいているのが分かりました。ぜひこれからもご指導いただきたいです。よろしくお願いします。

【追記】
 本日は東和でも世代間交流大会があり、Y田母様よりご報告をいただきましたので、表記事として反映いたします。あちらでもこちらでもたゆまぬ努力をしている皆さんの話は本当に刺激になります。
「第26回世代間交流将棋大会に参加しました。
大人の部12名(小学生3名参加)
小学生の部4名
初心者女性の部3名(女性は一人)

将棋は、幼児から年配の方まで、一緒に幅広い年齢で楽しめるんだと実感する大会です。
皆さんの御協力のおかげで無事終了することが出来ました。ありがとうございました!
次回は、12月17日を予定しています。
沢山の参加、お待ちしています!」

徒然日記(平成29年8月14日)

 本日は北上の研修会に娘が参加してきました。引率は父です。

 お盆の時期でそれぞれのご実家に帰省している頃だろうから、我が家だけ参加して及川先生からマンツーマンで教えてもらおうと行ったら、みっちり満員であります。しかも我が家は朝にブログの更新をするのに手間取って(Windows10が入り込んでから遅いのなんの)北上に着くのが遅かったからなー。午前午後合わせて13人。ちょっとした梁山泊ですがな。ABリーグ戦を行いながら、折を見て及川先生の指導対局。及川先生、本当にありがとうございます。そして、引率・送迎のご家族の皆さん、おつかれさまでした。

 ちなみに、その13人の中に水泳バカは含まれておりません。今日もそっちの練習を優先しやがった。しかも、にわかに「ぼくらの七日間戦争」シリーズにはまりやがった。まあ、読書好きの中学生なら一度は通る道。父も中学生時代読破したこともあって、助長するように某図書館からダース借りしてきてやってしまったからなあ。あれ読むと分かりやすい反抗期(今でいう中二病)が促進されるんだよなあ。うん、始まってますわよ。分かりやすい分かりやすい。

徒然日記(平成29年7月23日)

 本日は地元大船渡で開催された気仙帝王位戦に息子と娘が参戦してきました。今日は天童や登米でも大会が開かれたようで、久しぶりに登米に伸ばそうかとも思ったのですが、週末の大雨に気後れしてしまいました。岩手から足を伸ばした方はいらっしゃいますかな?登米支部様も山形県支部様も大会の様子を詳しく教えてくださるので、楽しみにしています。
 さて、息子は先週県中総体。その前も後も部活動に夢中になっていて、ご多分に漏れない「小学生の時にはがんばっていたのに中学生になったら」モードになりやがっています。それに引き換え、一人でも毎日将棋の時間をコツコツとる娘。そろそろ逆転するんじゃないかなあと思っていたら、なんなんだ、息子。ひさしぶりに大会に出てそれぐらいできるんだったら、普段からもっと妹の相手をしてあげなさいよ。夏休みに入るんだからさ。

徒然日記(平成29年7月1日)

 本日は明日の県女流名人戦に備えて将棋サロン様に修業に行ってきました。午前中は同じく修業にいらしていた高校生の皆さんと一緒に詰将棋の学習をしました。午後からはいろんな世代の棋士さんが多数いらしたので練習対局をたくさんしました。ただ、午後の始まりは我が家の都合で皆様の対局時間に支障をきたしたことをお詫びいたします。それでも、大変勉強になり、充実した時間を過ごさせていただきました。
 明日はどれぐらいの女流さんが集結するか、今から楽しみです。今日はもう一つ我が家にとってのサプライズがありましたので、それを引っ提げて参戦します。
そういえば、7月2日の竜王戦トーナメントで藤井四段と対決する佐々木勇気五段のことを様々なメディアで「イケメン」と評していますけど、娘はすでに2年前に佐々木五段のことを「イケメン」と言ってますからね~。一緒にされては困る。

プロフィール

anagumahime

Author:anagumahime
中1の息子と小4の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR