2018 / 02
≪ 2018 / 01 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - 2018 / 03 ≫
Page.688

Y田母様より、標記大会の参加報告をいただきました。

*********************
インフルエンザの影響で、欠席者もありましたが、沢山の御参加ありがとうございました。
皆様のご協力のお陰で無事終了出来ました。

今回よりクラス分けを変更しましたが、
世代間交流が出来て、良かったと思います!

有段者16名
級位者12名
初心者6名(女の子1名)

うちの娘は「知らない人とは将棋出来ない〜」と早々に戦線離脱(*_*;

毎回、イトーヨーカドー花巻店から、参加賞を用意して頂いてます。ありがとうございました。
**********************

充実の世代間交流が魅力の大会。その魅力は今回もはかられたようですね。次回はぜひ参加できたらと願っています。

Page.686

201802041053368cb.jpg
 本日は標記大会に、娘が参加して来ました。引率は姫父。息子は頭痛からの熱でドタキャン、すみません、すみません。皆さまはお元気ですか?娘は元気。姫母は体力の限界。昨日は自分の能力の限界を超えて娘の誕生日ディナーをこしらえた無理が祟りました。10歳ですって、んまあ。今度、授業参観で2分の1成人式をするんだそうです。あれがねぇ・・・あれでねぇ・・・。

 さて、朝は余裕を持って来たはずなのに、まあ、大変でした。坂という坂、カーブというカーブがアイスバーン。気を抜けばスリップ。おまけに、二車線がないからずっと長い列。大袈裟じゃなく、倍の時間がかかりましたわ。来年参加できたなら、電車で来ようかな?

 なんとかギリギリ無料駐車場をキープでき、会場入り。小学生からご年配まで幅広い層の出場者が合わせて60人くらい。今回は地元一関から初出場の小学生さんがけっこういました。めでたい。
 娘はB級ですが、同じくらいの経験の子たちはだいぶA級に行ったなあ。焦る気持ちはありますが、最近、父と娘で「こども菜根譚」て本を読み始めてから、だいぶ気持ちは楽になってきましたかね。これからもコツコツがんばるのですよ。
 残念なのは、女流がAB通じて娘しかおらんことですよ。だって、ねえ、一関市内の大会だから楽しみにしていたんですよ。やんごとない別件があったのかな?

 ゲストは飯塚祐紀先生。竜王戦大船渡対局以来です。本当にいつもいつもありがとうございます。いっそ、将棋教室ごと引っ越してきてくださいませんかのう。その飯塚先生のご挨拶も含んでの開会式も終わり、1回戦開始。むー、かわいそうな初戦もありますが、頑張りましょう。

 A級B級ともに2回戦を終えて昼食。やはりA級は熱戦が続き、時間が少し押しています。

 ここで、盛岡で開催している勤労者大会に参加しているS木様から報告コメントが届きました。ありがとうございます。
「本日は盛岡市の岩手県勤労者囲碁・将棋大会に参加しています。
H巻よりの道のりは4号線はきれいに除雪されているため(横道に1本入るとデコボコで大変です)、スムーズに予定通りに到着しました。
囲碁は省略しますが将棋は団体戦7チーム、個人戦Aクラス7名、Bクラス6名の参加で一関の大会と重なったためか、例年よりも少ないそうです。
小学生棋士も一関に大量参加のせいか、団体戦、個人戦合わせても4人で少々さみしいです。

  んん?確かに一関大会は小学生が多いけど、大量というほどでも・・・これは、大館場所に昇段を狙いに行ったか、はたまた、それぞれの小学校から「インフルエンザが流行っているから外出しないように」とか言われて、しっかり守っているかでしょうか。

 さて、本日は久々に集中力が最後まで持つ日になり、お誉めの言葉もたくさんいただきました。一局ごとに自由人にはなりましたけどね。こんな時にも菜根譚。これからもがんばっていきましょう。

 毎年参加できている日日新聞大会、運営の皆様にも、参加者や保護者の皆様にも、もちろん、飯塚先生にも本当によくしていただいております。ぜひ来年も参加できたらと願っています。できれば、2年続けて体調不良でドタキャンした息子も引き連れて。何卒よろしくお願いします。

Page.684

 本日1月28日は紫波グリーンホテルで開催される標記大会に息子と娘が参戦します。父と母が引率です。
 会場のグリーンホテルに前泊。前日は盛岡に別件があったのでちょうど良かったです。ホテルに来る前に盛岡の本屋でいろいろじっくり探して見ました。

 そのうちの一つが、光文社文庫の「将棋推理 迷宮の対局」。なんでも、文壇の実力派たちによる白熱の名人戦9局を収めた傑作アンソロジー」だそうです。けっこう読み応えあるかなって思って購入、夜、早速読んでみました。あまり進まないなあ。「盤上の向日葵(柚木裕子)」を最新定石を学ぶ棋譜とした時の、古典定石を学ぶ棋譜と言った感じです。「もう対策は立てられているから、今、実戦で活用する人はあまりいないけど、古典あって今があるという意味で学ぶところはあるかもしれない」という意味の。「一流作家であっても棋士と女流棋士の違いを知らない時代だったのですね」とか、「あ、オチが分かった。そりゃそうか、今より30年前にできた話だから、手を変え品を変えて使われたトリックだもんな。」とか感じました。そういうノスタルジックな感じになりたければいいと思います。あ、「白熱の名人戦9局」の「名人」というのは、「名人作家」という意味で、将棋の名人戦という意味ではなさそうです。最初の話に出てくるのは順位戦C級2組だったもんなあ。

 さて、グリーンホテルの朝食(バイキングですが、会場のカレー率高し。かく言う我が家も4人ともカレー。美味しかったです。)をいただいた後、8時半に受付へ。うわー、次々来る。D級8人、C級12人、B級29人(娘含む)、「ちょっと待てー!なんであなたがB級なの?あんたA級でしょ?」って人が多いのなんの。しかもお互いにそう言い合ってやんの。まあねえ、A級は50人オーバー(息子含む)。抽選だけで一苦労。こりゃ優勝が決まるのは夜中ですね。我が家は無縁ですが。女流はA級1人、B級2人、D級1人。相変わらず少ないですが、1人頑張り始めた子が増えたのは嬉しいですね。

 本日は島朗先生がいらっしゃいました。午後早めに帰らなければならない状況でわざわざいらっしゃって、しかも、午前早めに2局終わった子どもたちに指導対局をつけてくださいました。我が家もしていただいた日のことを思い出しました。今日指導対局を受けた初級の子どもたちには、超一流のご指導を受けたことを励みにして、また、その姿勢からマナーや礼儀をお手本にしてこれからも頑張ってほしいです。・・・まあ、今の岩手の小学生で、おそらく島先生に指導対局をしていただいた回数がトータルで一番多い娘がこの始末では説得力ないかもしれませんが。

 兄は3局目までは行けたものの、予選でおしまい。まあ、息子以外にも予選で敗れた強豪の方が多かったですから、これがA級ということですね。めげずに続けますよ。

  娘も表彰に絡むことなく終わりましたので、早々と帰宅の途につきました。雪道を2時間以上かけて帰るので、明るいうちに帰って明日への英気を養う余裕をくれるとは、親孝行な兄妹め(泣)。

 さて、これを書いている現段階でも熱戦の真っ最中だと思います。明日の岩手日報や、県連様HPや銀河研HPに詳細が載るでしょうし、楽しみにしています。

 本日の大所帯かつ細かいクラス分けで、運営の皆さまは大忙しだったとお見受けしました。大変ありがとうございました。また、いつも仲良くしていただいている方々はもちろんですが、ご無沙汰していて久しぶりに元気な姿を見られた方もいてうれしかったです。
 将棋人気でけっこう新顔の子どもたちや親御さんにもいるのですが、姫父はある程度コミュニティが固まってしまったりリアルタイムでブログアップしたりで外引きこもり、姫母は宿泊部屋引きこもり。そんな親をよそ目に、娘はコミュニティを広げています。大したもんだ。初めて参加した将棋大会で初対面の女子ウィズ🐧にグイグイ来られた方は、うるさいだけでそんな悪い奴ではないので、お相手いただければうれしいです。

  
 

Page.683

本日は仙台市の朝日新聞社ビルで開催された標記大会に娘が参加してきました。引率は父。息子は実力テスト勉強。母は見張り。
本日1月14日は日報高橋杯やマスト大会などの岩手伝統の大会をはじめ、ずいぶんと多くの大会が重なりました。その中で片道3時間をかけて来た理由は3つ。①級位者戦がある。②早指し戦。③島朗先生と鈴木環那先生がいらっしゃるということでした。他にもチラホラ小さな理由が結構ありますけどね。

朝7時半に大船渡発。途中で給油しながら仙台に着いたのがだいたい10時半。昨日スマホで駐車場を調べたところ、近くのコインパーキングは日中最大料金が設定されていなくて心配だったのですが、それより500メートルも駅から離れる側に行ったら最大料金1000円と設定されていたので安心しました。
朝日新聞社仙台ビルというのは朝日新聞社仙台総局のことでいいのかな?と不安になりながら下見。結論を言えば合ってました。その後は近くのアーケード街に行って本屋にぶらり。やったー、大船渡で「重版中でしばらく入って来ません」と言われていた本が見つかったー。さすが仙台。お昼は11時半ごろに「やよい軒」に行きました。うわさには聞いていたけど、こんなところかー。最初に食券を買うスタイルだということを覚えたぞー。リーズナブルっていいなー。

12時に会場入り。B級2番乗りでしたが、後から後からどんどん来るー。小さなお子さんもたくさん。岩手も小さなお子さんがだいぶ増えましたが、それが仙台の人口に比例する感じの多さです。
で、ほとんどのお子さんが待っている間に、数人で輪になって詰将棋の本を読んだりスマホ対局をしたりしている。これが杜の都支部スタンダード、さすがです。

1時10分開会式。A級は36人、うち女流は大学生2人に中学生1人。B級は19人、うち女流は娘の他に同い年くらいの娘さんかなあ。朝日新聞のお偉いさんのあいさつでスタート。ああ、そう言えば竜王戦の商売敵だ。でも、最近読んだの面白かったなあ。さらに島先生と環那先生のあいさつをいただき、大会が始まりました。
予想以上の参加数で、B級は7人待ちで運営することに。同時進行が、朝日アマ名人戦南東北代表決定戦決勝戦(というより、これがメインイベント)とその解説(島先生と環那先生)。さらに、集まった引率保護者の皆さんで親睦会が開かれました。最初、若干硬い雰囲気のところに対局を終えた娘が乱入して緩まった感じから和やかに始まりました。しかし、大人の話は難しかったらしく、(大変興味深い話題だったですよ。)娘は環那先生の隣でひたすらお菓子を食べています。おまいさんはYOSHIKIか。

さて、当の対局ですが、むー、やはり伸び盛りの男の子は強いなー。娘の課題は序盤の駒損と終盤の攻守の見極めという気がしました。しかし野望は潰えど、いろいろあれこれと代え難い実り多き大会でした。 杜の都支部のみなさんにあたたかい言葉もかけていただきました。ありがとうごさいました。

3時あたりから大盤解説開始。先手宮城の庄子五段と後手福島の渡辺五段。見てもわからないだろうなーと思ったからあまり見てませんでしたが、終盤に近づいたあたりの盤面をチラ見したところ、うん、やっぱりわからない。何これ、娘どころか息子がこんな局面になったの見たことない。単純な何とか囲いのレベルじゃないんだなあ。大局観てこういうことを言うのかというのを垣間見た感じがします。わからないけど。守るというのは単純に何とか囲いにするというんじゃないという世界に、いつか息子娘はいけるのかなー。

環那先生と再会の記念撮影をしていただき、「大きくなったねー。」と言ってもらったので、昔の写真と比べてみたら、おわぁ!本当だ。環那先生と比較して、頭2つ分高くなっている。つまり、ちっこいからちやほやされる枠から卒業です。これからもがんばるのよ。

知っている岩手の棋士の方は見なかったなー。元岩手の方は見たけど。別の大会の参加コメント、お待ちしております。よろしくお願いします。
Page.681

  本日はパル北上で開催される標記大会に参加します。娘と息子と母は前泊、父は当日朝に北上入り。大船渡からの道は好調だったのですが、北上に入った途端、何じゃこりゃ?昨夜から雪が降ったらしいですね。4号線の黒アスファルト以外はどこもかしこもトゥルットゥル!早めに来たから良かったものの、とにかく追突が心配。みなさん、気をつけていらしてくださいませ。
8時40分にパルに父が到着。さすがに出待ちはないですが、パルの方に車を駐車していて待っている方々がいらっしゃるようです。まあ、イオンの方はすでに開いているので、車待ちに飽きたらくりだすとしますか。 
   とりあえず、車内で昨日の朝日新聞を読むことに。今朝の(我が家は岩手日報)は自宅で読んできました。たまたま昨日某所で朝日新聞を読んだら、羽生七冠の国民栄誉賞の記事の他に、中村太地王座と石田直裕五段のそれぞれ別のでっかい記事が載ってましたから、コンビニで買っちゃいました。読み応えありますよ。
9時45分、茶を買うため、イオンの中へ。な、何だあ!大行列だあ。狩野某ってこんなにすごいの?わしらは関係なしで抜けて行きます。あ、言ってなかったけど、将棋会場は初めての人には分かりづらいところにありますよ。大丈夫かな? 

 10時になりました。ずいずいと一番乗り。な、何だあ?(三回目)あれよあれよとたくさん来る。小学生名人戦参加者だけで34人。教室だけの子もたくさん。初めて見る子もたくさん。さあ、どうなるかしら?娘もさながら、運営も老婆心ながら心配です。

  正午少し前に決勝トーナメント進出18人決定。まあ、予選が早く終わったところからトーナメント抽選をして、相手がいるところから対局する方式だったので娘は勝っても負けても厳しい将棋が続いてぷしゅ〜(ワ◯コ酒・呑んでないけど)。まあ、母としては態度の面で何度か雷を落としましたが、今日の目標が「やめさせない」ことだった父としては良しとしましょう。これからも頑張るぞ〜。しかし、娘が戦った相手はみんな娘と同学年。いつの間にこんなに層が厚くなったのかしら。来年も厳しいなー。年下も強いし。

  さて、娘が去った後の決勝トーナメント。どの局もお互い秒読みに入る大熱戦ばかり。しかもその後、休憩なしで次また次。ここまで来りゃ、駅伝を1人で走るようなものです。一方、1時から午後の大会が始まる予定のところ、1時半でもまだ午前大会の決勝が始まれず、初めて参加した子は「まだなのかな?」という思いでしょうね。これでもフルスピードなんですよ〜、選手も運営の先生がたも。

 さて、2時になった段階で準決勝1つと決勝を残しています。さすがにこれ以上はということで、午後の冬休み大会を並行スタート。我が家がこの大会に参加して初めてのこと。パル大会史上としても初めてのことではないでしょうか?参加者は小学生の部48人(おー!)中学・高校の部3人(えっ?)女子はそれぞれ1人ずつ(ええっ?)むー、いろいろ残念だ。小学生の部大入りなのはめでたいのでありますが。小学生の部は時計なしです。

  小学生名人戦県大会もいよいよ決勝。大本命2人の対決と言えば誰もが想像できるカードになりました。他の子たちも強かった中で、さすがだなー。結果は1年前の雪辱で悲願の春の全国切符、パチパチ。そして、2人ともお疲れさまでした。おそらく夏まで続く2人のライバル対決に、誰が食い込んでいけるのか、なんとか娘も〜。

  しかし、参加者48人となると、4戦終わって全勝4人、3勝12人になるね。全勝4人(5年生!)による決勝トーナメントの末、決勝は午前と同じ組み合わせ。この将棋体力と気合い、見習ってほしい。

  結果はそのうち県連様HPで紹介されると思います。運営の先生方には朝から晩まで、それこそ休む暇なく運営していただきました。本当にありがとうごさいました。今年はこんな感じですんごい人数が集まるのではないかと思いますがお身体に気をつけてご活躍いただきたいと願っております。

 

anagumahime

Author:anagumahime
中1の息子と小4の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。