FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫
Page.118

☗初めていらした方は下の▼続きを読む▼をクリックしてお読みください☗
IMG_6178.jpg

 

▼続きを読む▼



△閉じる△

Page.357

IMG_6826 - コピー 
今後行われる予定の大会をまとめておきます。 
下の▼続きを読む▼をクリックすれば大会予定が表示されます。
大会名をクリックすることで、それぞれの大会の詳細記事に進みます。 
なお、こちらでおさえていない大会がありましたら、すぐ下の▼Comment▼をクリックしていただき、コメントとして書き込んでいただきましたらありがたいです。

▼続きを読む▼

Page.722

フリーペーパー「岩手の将棋少年のための情報冊子・若駒銀河」の編集を勢いでしています。
若駒銀河2-01-1 
最新号情報はこちらの文字をクリックしてください。

▼続きを読む▼



△閉じる△

Page.748

 本日は、福祉の里センターで開催された気仙グランドチャンピオン大会に、娘が参加してきました。
 「なに?その大会、ブログで紹介されてなかったけど?」と思う方もいらっしゃると思いますが、これはこの1年、大船渡で開催された大会で優勝した人たち同士によるファイナル大会といえるもので、娘は小学生代表として選抜していただきました。本当は息子が中学生代表として選んでいただいていたのですが、水泳大会があるということで、そっちに姫母と一緒に行きました。
 気仙グラチャン参加者は娘を合わせて7人。百戦錬磨のベテラン勢相手では、今の娘の攻守の軽さでは太刀打ちできませんが、総当たり戦6局という稀に見る長丁場をがんばったとほめておきましょう。

 その間、待っている姫父はひたすら仕事です。
 「若駒銀河」第3号のため、第2号からの校正を図っておりました。最初の方はいくつかの大会レポートを載せようと思っており、すでにご紹介の通り、10月の「ごきげん大会」と先週の「岩手日報杯」は作りましたので、あとはこれから行われる3つの大会の予定稿の準備をしました。
 レポートが膨らんだ分、削られるのは「岩手将棋マップ」と「棋譜で勉強しよう」のコーナーです。後半の方は、今までのコーナーを手直ししたものにしようと思います。

まず、「岩手の子どもたちのための小学生大会」。
3-09-1.jpg 3-08-1.jpg 
いつかまた大会が復活することを期待しつつ、「マスト大会」の枠を、「イオンモール大会」拡大に使用しました。記念すべき「岩手の小学生が日本一」を紹介しつつ。それから、「東和温泉杯」を「小学生でも出られる一般大会」の方に移しつつ、その枠に、今年7月に開催された「遠野夏の陣」を入れました。その他、細かい文面を直しています。

その次は、「小学生も出られる一般大会」です。
3-11-1.jpg 3-10-1.jpg
「棋士会将棋フェスティバル」は残念ながら今年岩手で開催されなかったので、その分を「奥州王座戦」を「中学生選抜岩手県予選」と合わせて使いました。「奥州王座戦」の元の枠には「東和温泉杯」を移動させてきました。若干狭くなった「東和温泉杯」については、別の形で拡大することを考えています。「定例大会」の部分で、多少訂正を加えています。

その次は、「強くなることを目指す岩手の将棋教室」。
3-13β-1 3-12-1b.jpg
「奥州支部」様でも定期的に将棋教室を開いているのを知ったので、その分を追加しました。で、その分他の将棋教室を加筆訂正しています。一か所空欄がありますが、そこの分のコラム企画を考え中です。埋めることができたら、また紹介します。

ラス前は、「県外の大会」と「年間カレンダー(2019版)」です。
3-15-1.jpg 3-14-1.jpg
「県外大会」については、「女子小中学生名人戦」の代わりに、「青空一番町将棋大会」を入れてみました。またぜひ行きたいですわ。ああ、次が最後かあ。
「年間カレンダー」については、今のところ開催日が確定しているらしいところは入れてみました。「小学生名人戦県予選」直後の入稿を狙っておりますので、そこまでに更に日程が分かった時には、ギリギリまで直したいと思います。

表紙はまだ準備中ですし、最終ページは今まで通りなので、とりあえず割愛します。

さて、もし読んでいただいて、「これは直してもらいたいもんだなあ」という箇所がありましたら、コメントをお寄せいただくか、どこかの大会であった時にでもお話いただければありがたいです。

あと、娘の作文について、多くの方におほめの言葉をお寄せいただいたり、声をかけていただいたりしました。大変ありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。


Page.747

 本日は東北ジュニア団体戦女子の部に参戦するため、娘と父が紫波グリーンホテルに行って参りました。朝早くからネット環境を整えるなどの準備をしてくださった運営の先生方、ありがとうございました。

 結果はというと……、
 かつて、鈴木大介先生が「対局で負けた時は、相手やそのご家族に良い思いをさせてあげられたと思うようにしている。」というお話をされていましたが、我が家は去年喜ばせてもらった分、今年は喜ばせてあげられたのかな、って感じでした。
 相手の女流さん方の指しまわしが堅実さと着実さで上回ったということですね。というより、下回れる人がいたら見てみたい。後から棋譜を見てみたら、敗着の手はどれもノータイム指しでしたからね。負けるにしても、団体戦なんだから時間をかけて粘りなさいよ。そろって紫波グリーンホテルに集結した出場する仲良し三人の結束力なら絶対ナンバーワンの自負があったのですが、一人があっさり負けてしまったら……。愛読マンガ「ちはやふる」から何を学んでいることやら。
 そこも踏まえて、また頑張り直しましょうね。娘もリベンジしたりされたりでここまで来て、応援する方もそれに面白さを感じてきましたから、これからです。まあ、岩手の場合、みなさんご存知の通り、代表権をかけた正式大会で3倍前後の競争率を勝ち抜かなければならないから、来年出られるか分かりませんが。出ない県がある分、岩手から2チーム出してもらえないものかしら。

 ところで、山形県支部連合会様HPに載っている結果を見ると、岩手が順位の対象から外れているようですが……?(あとでここのくだりは消すと思います。)

Page.746

 本日は一関市の岩手日報社一関支社ビルで開催された標記大会に娘が参戦してきました。引率は父です。息子も出場する予定だったのですが、期末テスト明けから熱が出て、静養しております。なんか、冬の本格到来を前に、体調を崩す人が多くなるかもしれません。みなさん、お気を付けください。
 大船渡を10時ちょい過ぎに出発。改めて、一関って一路西に進むだけなのに、グニャグニャクルクル遠いわあ。11時半過ぎに会場につき、駐車場確保。歩いてすぐのお蕎麦屋さんに行って昼食。またすぐ近くのお団子屋さんにいっておやつ確保してから12時半に会場入り。ここ数年のお決まりルーチンです。別に勝っているわけではないからゲン担ぎじゃないですなあ。おいしいからやってるだけ。

 今回の出場者は小学生の部12人、中学生の部は7人。息子が参加していれば中学生の部が偶数になって運営しやすかったでしょうに、申し訳ないです。娘は紅一点。地元一関勢は8人、県外は1人です。なんと、幼稚園児も2人参戦しており、こいつは将来が楽しみだっていう奮闘を見せてくれます。ぜひ続けていって、数年後の倉敷王将で活躍してほしいですね。
 6年生は一人もいません。そういえば、ビルの将棋会場(3階)の一つ下の学習塾で小6のためのお受験講座を開いていたらしいのですが、ものすごい人数が受けてましたっけよ。将棋キッズが何人か吸い込まれたんでね?ってくらい。そっかー、一関近隣の小6は受験するんだー。ふーん、がんばってねー(←バーリード)。しかし、受験をする予定の女子小学生ってそろいもそろって頭が良さそうで、この子たちが将棋を(以下略)。


 しっかし、参加人数が少ないのが残念というのには理由があって、実は、この大会のレポートを「若駒銀河」第3号に載せる予定なんですよ。はい、こんな感じ。画像をクリックすれば拡大します。
3-05-1-2 

 本日参加なさった方で、書きよう載せようを変えてほしいという方は、「コメント」でお寄せください。すぐ訂正をするように心がけます。
 まあ、さすが伝統ある大会だけあって、多少人数が少なくても見栄えがする記事にできたと思うのですが、やっぱり、去年くらいは参加者がいてほしかったなという思いでいます。なぜ少なかったのか、みなさん首をひねっています。仙台の大会?青森の大会?体調不良?やっぱり受験講座が一番大きいか?
 毎年参加している大会ですが、今年は取材もあって、運営の先生方と結構お話が聞けたので、いかに伝統に裏打ちされた大会なのかを今まで以上に感じることができました。来年も12月第1日日曜日午後に実施することを決めているそうなので、ぜひみなさん参加予定を入れておいていただきたいです。


Page.621

Y田母さまより大会情報をいただきました。
以下は前回情報をもとに作成しましたが、締め切り日が違うかもしれないので、出来るだけ早く申し込んだ方がいいかもしれません。変更点があったら、随時訂正します。
****************************
第12回東和温泉杯冬休み将棋大会 

平成31年1月10日(木)
午前9時受付 午前10時試合開始 
会場:花と緑と安らぎの湯 東和温泉 大広間 
部門:
A級(初段以上) B級(6級から初段格) C級(初心者) 
参加費:中学生以上1,500円 小学生1,000円
 (参加費は当日頂きます。参加費に昼食代含む) 
その他:A級は5回戦、B・C級6回戦  
申し込み:すみません、分かりません。H30年以内が望ましいと思いますが、年が明けてもどうしてもという方は、直接申し込んでみてください。(準備の都合により当日の申し込みは出来ないと思います。) 
 
★申し込み、お問い合わせ
東和温泉 ℡0198-42-4311 
後援 日本将棋連盟東和まほろば支部 ℡0198-42-2823


anagumahime

Author:anagumahime
中2の息子と小5の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。