FC2ブログ
2018 / 08
≪ 2018 / 07 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2018 / 09 ≫
Page.118

☗初めていらした方は下の▼続きを読む▼をクリックしてお読みください☗
IMG_6178.jpg

 

▼続きを読む▼



△閉じる△

Page.357

IMG_6826 - コピー 
今後行われる予定の大会をまとめておきます。 
下の▼続きを読む▼をクリックすれば大会予定が表示されます。
大会名をクリックすることで、それぞれの大会の詳細記事に進みます。 
なお、こちらでおさえていない大会がありましたら、すぐ下の▼Comment▼をクリックしていただき、コメントとして書き込んでいただきましたらありがたいです。

▼続きを読む▼

Page.722

フリーペーパー「岩手の将棋少年のための情報冊子・若駒銀河」の編集を勢いでしています。
若駒銀河2-01-1 
最新号情報はこちらの文字をクリックしてください。

▼続きを読む▼



△閉じる△

Page.723

 本日8月19日(日)は大船渡防災観光交流センターで開催された標記大会に娘が参戦してきました。引率は父です。

 さて、我が家としても大船渡防災観光交流センターで開催される大会に参加するのは初めてですので、会場のご紹介をいたします。
(※以下、縮めて「防災センター」と呼びます。)
IMG_8172.jpg 
 防災センターは大船渡駅隣接。と言っても分かりづらいかもしれません。むしろ、「真ん前が、昨年に竜王戦第2局前夜祭が開かれた大船渡プラザホテルだ」と言った方が通じるかもしれません。今年出来たての施設です。
 1階は事務室・エントランス、2階は交流スペース、3階は展望デッキとなっております。
 で、将棋大会は2階交流スペースの一角で開催されましたが、この交流スペースが大変多角的に子どもが楽しめるスペースになっております。

 大人でも楽しめる自転車だったり、ボールハウスだったり、ドールハウスだったり、
IMG_8159.jpg 
IMG_8160.jpg IMG_8161.jpg 
IMG_8162.jpg IMG_8163.jpg
絵本や児童書がわんさかありまして、しかも、良書が集められております。
それもそのはず、協力しているのは大船渡が誇るNPO法人「おはなしころりん」さんで、絵本の選定に関して間違いなくすばらしい方々です。ワークショップも開いておりまして、娘も将棋の合間に大変楽しんでおりました。
だから、お兄ちゃんお姉ちゃんが将棋大会に参加している時に小さい弟くん妹さんも大いに楽しめると思います。

さらに、展望デッキから見える景色ですが、
IMG_8177.jpg 
ちょっと紹介しますかね。右手前が大船渡駅。駅って言ってもBRT、つまり巡回バスです。奥はまだ平地が目立つ大船渡の街並み。中央手前がタクシーロータリー、奥が大船渡プラザホテル。左側展望デッキの下に見える黒い屋根が「かもめテラス」。大船渡が誇る「かもめの玉子」のさいとう製菓のお菓子が多彩にありまして、お土産に最適。で、かもめテラスと大船渡プラザホテルの間にある平屋の黒い屋根のスペースが「キャッセン」と言いまして、いろんな食べ物の店や本屋や洋服屋とかがあります。その奥すぐにはショッピングセンターマイヤもあるので、大会出場者には弁当が出ますが、「せっかくだから大船渡のものを食べたり買ったりしたい」という方にとって徒歩で行ける便利なアクセス会場と言えます。
 ぜひこれから、「大船渡防災観光交流センター」会場で将棋大会がある時には、大船渡観光を楽しむつもりでいらしていただけたらと思います。

 さて、もっと早く上記のようなことを告知しておけば良かったですかねえ。将棋大会参加者は、多分みな地元気仙勢で18人。学生は娘一人のようですね。無論、女流も娘一人。ほかにあんまり大会が内容だったから、「暇だから大船渡に行ってみるか」と思う方がもう少しいそうな気がしましたが、宿題の仕上げで忙しかったのかな?
 そんなわけで若手唯一の参加となった娘は、運営に回った平山先生に棋譜をとっていただいた上に感想戦もリードしていただいたり、文字通りの手取り足取り指導を受けております。本当に恵まれてますねえ。優しい先生の目から見ても真剣さと集中力が足りないのにも関わらず、ここまで目をかけていただいております。娘の長い眠りはいつ覚醒するのか。

 

Page.622

将棋教室で、平山先生よりご案内を受けました。
☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗☗ 
第11回気仙帝王位将棋大会 
日時 平成30年9月30日(日) 
 9時30分受付 10時対局開始(今までだと16時終了予定) 
会場 福祉の里センター(大船渡市立根町字田ノ上30-20) 
会費 大人1000円 女性・学生500円 昼食付き 
(※ここから下は、前回までのルールです) 
参加資格 県内外の5級以上から有段者まで どなたでも参加できます。 
対局方法 総平手戦
持ち時間 20分 30秒
点数制4対局
5位までに賞品 全員に参加賞 
主催 気仙将棋教室 平山敏夫先生
 問合せ 080-1690-0586

Page.721

 気仙沼将棋会支部様よりご案内のはがきをいただきました。ありがとうございます。

*************************
第25回河北新報杯争奪三陸沿岸将棋大会

日時 平成30年8月26日(日) 10時開始

会場 気仙沼市 本吉公民館(気仙沼市本吉町津谷新明戸136 ℡0226-42-2606)

参加料 一般1500円 中学生以下1000円 昼食付

区分 A組(3段以上) B組(2段~2級) C組(3級以下)

大会 5回戦スイス式トーナメント 持ち時間15分+秒読み30秒

連絡先 気仙沼支部幹事長 吉田拓生さん ℡090-6867-4737

Page.720

双掌の会様より、昨年に娘が参加させていただいた縁でご案内を受けました。ありがとうございます。

昨年度参加報告はこちらです。姫父は仕事でいけませんでしたが、すんごく楽しんでいる写真が送られてきました。

**********************************

第2回「一番町青空こども将棋名人戦」 開催要項

1.日時 平成30年9月24日(月)  10時30分受付  11時00分対局開始

2.会場 サンモール一番町商店街(青葉通り~南町通りの間のアーケード内)
  ※当日は、サンモール一番町内で、自動車の展示会やマルシェも開催します。
 
3.参加費  
  ① 一番町青空こども将棋名人戦  1,000円(昼食無し)
   ※参加賞あり
   ※チャンピオンクラス・チャレンジャークラスともに、
        優勝者にはトロフィー、2位、3位には賞状授与

  ② プロ棋士による指導対局(島朗九段、鈴木環那女流二段)
    (13:00~14:30を予定しております。指導対局は、当日申込も募集する予定ですが、
     できるだけ事前申込をお願い致します。事前申込者を優先します。
      トーナメント敗退者は、無料で指導対局が受けられます。)
       一般:1,000円、高校生以下:500円
    (※こちらは、小学生以外の一般の方もご参加いただけます。

  ③ 「次の一手」クイズ    無料(14:30~15:30予定)
    ※正解者の中から、プロ棋士のサイン色紙を5名にプレゼント

  ④ フリー対局スペース    無料(11:00~15:30予定)
    (※こちらは、小学生以外の一般の方もご参加いただけます。
 
4.競技方法
   ・2クラス制(チャンピオンクラス・チャレンジャークラス)   11:00開始  15:30終了予定
   ※チャンピオンクラスは、概ね2級以上~有段者、
          チャレンジャークラスは3級以下を目安としています。
   ※上記2クラスとも、事前予約制で先着16名ずつになります。
     原則、欠席のないようにお願い致します。
     また、当日欠席者が出た場合には、補欠参加を募集いたします。
    (万一、参加できない場合、指導対局、「次の一手」、フリー対局をお楽しみください。)
  ・総平手戦(トーナメント戦)
  ・持ち時間各10分切れたら秒読み30秒(チャレンジャークラス1回戦以外)
   ※チャレンジャークラスの1回戦は、対局時計を使用しません。

5.審判長:日本将棋連盟 島朗九段
    副審判長:日本将棋連盟 鈴木環那女流二段

6.申込方法:メールもしくは電話、ファックス
申込先:まちくる仙台(担当者 佐藤、石井)
メールアドレスに、下記必要事項を明記して、「一番町青空こども将棋名人戦」の件名で送信下さい。
(ファックス、電話の場合も、下記の内容をお伝えください。)
  メールアドレス: info@machi-kuru.com
  電話: 022-395-6101
  FAX:  022-395-6102
(1)参加者の氏名・フリガナ
(2)参加クラス(チャンピオンクラスか、チャレンジャークラスか)
(3)ご自宅の市町村名
(4)段・級位
(5)学年
(6)連絡先(携帯電話など)

他県の方も大歓迎です。
何卒よろしくお願い申し上げます。
※当日は、自動車の展示会やマルシェも予定しておりますので、ご父兄の方も是非お越しください。


一番町青空こども将棋名人戦HP
https://ameblo.jp/jimucho-ganbare/

主催:双掌の会 
④メールアドレス:info@machi-kuru.com
⑤URL:
https://ameblo.jp/jimucho-ganbare/



anagumahime

Author:anagumahime
中2の息子と小5の娘、
☗将棋を愛する2人の子どもを応援する父親です。
岩手で暮らしています。